« 涼 | トップページ | お客様のアンティーク »

2010/07/18

「冬のソナタ」をもう一度

土曜日は山田洋次監督の「おとうと」の映画を見に行きました。吉永小百合さんは勿論演技が上手ですが、鶴瓶は、地でいくうまさで、こんなタイプの人本当に知り合いにもいるわ!・・・と思わせるところがスゴイ。鶴瓶さんの「ディア・ドクター」も見ました。どちらも脇役の俳優さんがベテランぞろいで内容を盛り上げています。ユーモアたっぷりですが、終末医療などの社会問題も考えさせられる内容です。

海外にいく機上の楽しみはスクリーンを見ることですが、最近は洋画はさっぱりで、日本映画ばかりみています。
内容も映像効果も向上していると思います。

今日、有楽町の国際フォーラムの骨董市に行ったら、人の多さと、行列にびっくり仰天。何事かと聞けば、6月30日に自ら命を絶ったパク・ヨンハさんの献花式が国際フォーラムの中で行われていたのです。
元気だったら、7月17日、18日と、この国際フォーラムのA会場で、東京公演が開催される予定でした。

Dvc00004_2 Dvc00006_2 Dvc00002

パク・ヨンハと言えば、「冬のソナタ」のペ・ヨンジュンの恋敵のサンヒョク役を好演していたのを思い出します。
私も韓流ドラマにはまり、何回も「冬のソナタ」をみました。

というのも、フランスへの買付けは直便ばかりではなく、格安チケットで、成田から韓国仁川(インチョン)国際空港で大韓航空に乗り継ぎパリに行ったことも何回かあります。大韓航空の機内食のビビンバや待ち時間に仁川の免税店をぶらつくのも、楽しみの1つでした。
空港内の本屋さんで、ずらっと並んでいたのが、当時韓国で大人気の「秋の童話」。
ユン・ソンホ監督の四季ドラマの一作目でしたが、日本ではその頃はまだ韓流ドラマなんて、ブームではありませんでした。それが、二作目の「冬のソナタ」で大ブレーク。

親戚のおばさん、家にヨン様のポスターをペタペタ貼り、あげくの果てには“冬ソナツアー”に、はまっちゃいました。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

「冬のソナタ」は、日本人が国境を越えて心から愛したドラマです。
私はもう一度サンヒョクのあのシーン、このシーンを思い出しています。


     antique shop 8trees               

« 涼 | トップページ | お客様のアンティーク »

my life」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ