« White | トップページ | 旅日記(ベルギー紀行) »

2010/07/24

香水瓶

とにかく暑いです。
夏休みも始まったばかりと言うのに、この暑さ、じっとしていても汗がでます。
勿論、寝るときもクーラーつけっぱなしです。

熱中症で亡くなる人も、日に日に増えています。特に高齢者の方が多いです。
90歳の母に電話しました。このところ暑さで外出は控えていると言ってました。
家の中でも危ないらしいので、気をつけないといけませんね!

そんな中アップアップしながら、更新の準備をしておりますが、あまり作業が進まない上、今回の更新は画像が多いお品が多く、少し時間がかかっています。
ネットショップは実際手にとってご覧になっていただけない分、できるだけわかりやすくお伝えしなければなりません。
どんなに時間を要しても、作業のこの部分だけは手を抜くわけには行きません。
お待たせしておりますが、週明けの27日頃にはUPできますので、よろしくお願いします。

更新に伴い、旅日記を三年ぶりにUPします。
ブログと重複するところもありますが、何とか不器用にまとめてみました。すっかり編集のテクニックも忘れてしまい、シンプルなページで行きます。

Img_4361_2

ベルギーのアンティークショップで見つけたパープル色のクリスタルがとても美しいフランスのパフュームボトルとパウダーケースを、次回ご紹介します。

19世紀までは職人によって作られていた香水は、シンプルな瓶で売られていました。
買った人がお気に入りの美しい細工の瓶に移し替えて使用してきました。
20世紀初め、フランソワ・コティがルネ・ラリックに香水瓶の製作を依頼して始まった新しい香水の歴史。
古い香水瓶を見かけたら、当時はどんな香りが入っていたのかを想像して飾ってください。女性にとってエレガントな香水瓶は永遠のあこがれに似たものがあります。

   antique shop 8trees                

« White | トップページ | 旅日記(ベルギー紀行) »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ