« 荷物搬入 | トップページ | 8月最後の更新です »

2010/08/28

一枚の絵

搬入した荷物を、少しずつ開梱しています。全部出し切るまでには、日数を要します。
開梱したお品から、写真撮影をして、週明け更新の商品に追加しました。
自分で言うのも変ですが、本当に素敵なお品ばかりで、ご紹介するのをためらうほどです。

絵画も大小あわせて10点ばかり買い付けております。
いつも、花の絵に、まどわされるのですが、
絵は見る人を引き付ける何かを感じる絵が、本当に良い絵画だと思っています。
私はそんな気持ちでいつも選んでいます。
お値段を後で聞いて、諦めることもしばしばありますが・・・。

子供の頃から絵を描くのが楽しくて、美術の時間が大好きでした。
中学校の1、2年の担任が美術の先生だったので、よく展覧会などに出展してもらった。
その山本先生ですが、いつも長めの髪にポマードをテカテカにぬっていて、べたついた髪が前に垂れないように、オールバックに今風ならバンダナと言うのでしょうが、先生は輪ゴムで止めていました。それこそ、私の記憶の中にある先生の肖像画なのです。

イギリスを代表する画家、ターナーの絵を思い出す一枚の絵

Img_5373

荒々しい海、一人の若い女性が荒海を勇ましく小舟を漕ぐ姿に、この絵は絶対持ち帰りたい気持ちになりました。
小舟に襲いかかる波しぶき、荒れた海に飛ぶカモメの群れ、なんともこの穏やかさの対比、セーターもスカートも地味な色なのに、首に巻かれたスカーフの青だけが鮮やかに映えています。目の輝きは、恐ろしさや悲しみはありません。むしろ勇気づけられるようです。

  antique shop 8trees                     

« 荷物搬入 | トップページ | 8月最後の更新です »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ