« 気になること | トップページ | セピア色の写真 »

2010/08/15

いのちの尊さ

終戦記念日、戦後生まれの私は戦争は知りませんが、子供の頃、戦争に行った父から、父が体験したこと、見た事の真実を聞かされ、子供心に、戦争とはむごい事で、恐ろしいことだと思っていました。話を聞いた夜はトイレに一人で行くのが、怖いくらいでした。

頂いた招待券で、有楽町の国際フォーラム地下一階にある「相田みつを美術館」に行ってきました。相田みつをは‘いのちの詩人’と言われ、人生に勇気をもらえる作品がたくさんあります。15日の終戦記念日は館長でもある長男さんのギャラリートークが開催されていて、戦争にまつわる話が聞けました。
相田みつを氏の二人の兄も戦死しています。

Dvc00003

「ひぐらしの声」

ああ今年も ひぐらしが鳴き出した ひぐらしの声は  若くして戦争で死んだ二人のあんちゃんの声だ そして二人のあんちゃんの名を 死ぬまで呼び続けていた 悲しい母の声だ  そしてまた 二人のあんちゃんのことには一言も触れず だまって死んでいった さびしい父の声だ ああ今年もひぐらしが鳴き出した

「どんな理屈をつけても
 戦争は いやだな
 肉親二人
 わたしは戦争で失っているから」

戦争で肉親を失った家族の悲しみが伝わってきます。
戦争を美化したり「カッコいい」なんて、思ってはいけないのです。
戦争で亡くなった大勢の人の命の重さを感じた日でした。

« 気になること | トップページ | セピア色の写真 »

my life」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ