« Broadway antiques shop | トップページ | 10月のプレゼント »

2010/10/21

アンティーク家具

帰国してから、まだ一週間というのに、随分時間が経ったように感じられます。
帰国後は疲れから、こんな仕事は、もう限界かなぁ・・・と思うこともありますが、数日もすれば、やっぱりこの仕事が好きになります。

思えば随分この仕事に心身ともに助けられていることが多いです。
12時間の飛行時間、海外に行くと、体調を崩す人が多い中、私はすこぶる体調が良くなります。
早朝の5時起きも何のその、毎日歩く距離も相当なもの。
そんな自分をみていると、やっぱりこの仕事、遅咲きだけれど天性かとも思ったりします。

さて、このところ涼しさを通り越して急に肌寒くなってきました。
持ち越していました家具をご紹介します。
家具は高い買い物と思われますが、一生ものですし、出会いとご縁がなければ、他のアンティークとは違って手に入らないものです。
買い付けでもいい家具に出会うチャンスはそれほどありません。

先日の買い付けも、欲しい家具に出会い、値段を聞こうとするが、その店主、誰かとの長電話がいつまでも続き、待たされること10分あまり、ようやく電話が終わって、値段を聞くと、その高値にびっくり仰天!
時間がモッタイナイヨ


Img_6374_3

近日中にお披露目します。

     antique shop 8trees  

« Broadway antiques shop | トップページ | 10月のプレゼント »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ