« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010/12/28

仕事納め

2010年、最後の営業日も無事終えることができました。
ご注文いただきましたお客様のお品はすべて発送いたしました。

明日29日~1月3日まで年末年始のお休みをさせていただきます。
1月4日から営業します。

今年一年も国内外、色々な出来事がありました。
欧州の空港は大雪で、今なおマヒ状態が続いています。空の便の欠航数は12月だけで約6万便に達すると予測され、今年4月のアイルランド火山噴火に次ぐ大混乱となっています。
今年も6月、10月と2回買い付けに行きましたが、このような事態に遭遇することもなく、帰国できたことは、本当に幸いでした。

この一年間、皆さんに支えられて、楽しくお仕事をさせていただいたこと、心より感謝します。来年もどうぞよろしくお願いします。

2011年が皆様にとりまして、健康で、さらに幸多い年になりますようにお祈り申し上げます。

                           antique shop 8trees 店主  

                                       

2010/12/25

Winter Vista Illumination

Merry Christmas!

東京も今年一番の寒さになりました。日本海側ではクリスマス寒波で大雪が降って、ホワイトクリスマスになった地域も多いと思います。

この寒さの中、私はロシアの人がかぶっているラビットの帽子をかぶり、手袋、マフラーと完全武装の出立ちで、富士山への日の入りと、クリスマス・イルミネーションを見るため、近くの国営昭和記念公園に出かけました。
冬の一大イベントとして有名になったシャンパングラスツリーはテレビでも何回も放映されているので、冬の風物詩となり、毎年豪華になり、大勢の見物客で賑わっています。
特に今日はクリスマスとあって、若いカップルや家族連れで、人、人、人の波です。
この様子を見て、日本のイルミネーションは外国よりすごいなぁ・・・と思っています。
20時過ぎからは冬の夜空を彩る花火が300発打ち上げられました。

シャンパングラスツリーは毎年見られますが、今年だけのテーマもあります。
写真を撮ってきましたので、この素晴らしい冬のファンタジーをご覧になってください♪

P1020843

昭和天皇記念館の小高い丘から眺める雪化粧の富士山。この時期は太陽がちょうど山頂に沈みこんでいきます。

P1020852_2

P1020857_2 

立川口ゲートを入ってすぐのところにある、シンボルツリーのキングオブシャンパングラスツリー。グラス数6,545個

P1020856_2   

カナール手前側の池の2個のシャンパングラスツリー、色がオレンジ、白、緑色に変わります。グラス数3,311個×2基

P1020862

P1020864

P1020867

ふれあい広場の斜面を利用して、毎年異なるテーマで装飾されるイルミネーション。
今年は「森のクリスマス」をテーマに植物をイメージした柄でデザインされています。
来年の干支の「うさぎ」もいます。本当に美しいファンタジックな世界です。

P1020855

P1020849

道の両側には、テントのクリスマス市が軒を連ね、さまざまな手作り品やクラフトが販売されています。こちらももう一つの楽しみです。

     antique shop 8trees   

2010/12/24

X'mas Eve

我が家もささやかながら二人でワインをあけて、イヴの夜を過ごしました。
街は買い物客で賑わい、ケーキ売り場はどこも長~い列ができて、みんなの顔もいつもよりか微笑んでいます。

6年前の12月に訪れた、コッツウォルズ、テットベリーの小さな、小さな教会。
このチャペルでも今日はクリスマス・ミサが執り行われていると思います。

Pict0041Pict0052

世界には貧困に苦しむ人、病気の人もたくさんいます。
その人々のために、今宵は静かに祈りましょう。 

      antique shop 8trees   

2010/12/22

お礼と感謝

今年最後の更新も、沢山のご注文、ご来店、ありがとうございます。
ご注文が重なりご希望にお応えできなかったお客様申し訳ありません。また来年も奮闘して探してきますので、又のご縁を楽しみにお待ちください。

イギリス、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツなどヨーロッパは大雪に見舞われ、交通網も混乱しているようです。日本もクリスマス寒波到来で、ホワイトクリスマスになる地域も多いとの予報です。風邪をひかれないように、また外出時には転倒しないように、足もとに気をつけてください。

当店も年末年始はお休みを頂きますが、発送は年内最後まで責任を持ってさせていただきますので、ご安心くださいませ。

Pict0006

                成田国際空港のクリスマスツリー

      

     antique shop 8trees   

2010/12/20

ラスト・アップ

一年間、ご愛顧いただきましてありがとうございます。

本日24点の新商品をUPしました。
今年最後の更新となります。一年間をふり返り、買い付けの旅や、お客様とのふれあい、新たなお客様との出会いなどを思い出しながら、更新の準備をしました。
2010年の最後の更新にふさわしい素敵なお品をご紹介しております。

今年もあと僅かになりましたが、クリスマス、お正月にはまだお時間もございます。
お忙しいとは思いますが、好評のアンティークジュエリーも10点ほどご紹介しております。
上質なお品をお求めやすい価格でご紹介しておりますので、是非、ご覧ください。

P1020286_2

     antique shop 8trees   

2010/12/18

X'mas Salon Consert

今年も参加しましたXmas Tea Party
昨日、友人マリリンのお宅で華やかな午後のひと時を過ごしました。
コンサートはヴァイオリンとチェロの二重奏、曲目はお馴染みのハレルヤコーラスをはじ
め、クリスマスキャロルまで、演奏者のトークも交えながら、楽しい雰囲気で、知識も豊富に・・・。
このお二人、ウェーン国立音楽院に留学された経験をもつ才女、演歌の五木ひろしさんや細川たかしさんのバックで演奏したこともあるんだって!

Img_8020

演奏の後はお待ちかねのTea Party
昨年とはまた違った演出です。さすがイギリス、フランスと紅茶をめぐって旅する彼女、
今回も見せてくれました。
X'mas Tea Partyの素晴らしいセッテングご覧になってください。

Img_8030

ネームプレートに赤い冷たい飲み物、庭のガーデンを眺めながら、のどを潤す

Img_8031

Img_8032

Img_8035

Img_8025

アンティークのケーキスタンドに、ミンスパイ、X'mas プディング、クグロフ、ガートショコラ、マロンタルト、ブラマンジェ・・・などのケーキやお菓子が並べてあります。
各自でお皿をもっていってチョイスします。なかなかいいアイデアですね!
イギリスのアフタヌーンティーはこんな形もあります。

Img_8019 

たくさんのスィートいただきました。温かいX'mas tea,ミントティー、心もあたたまります。
ビンゴーゲームで盛り上がり、景品に南フランスの石鹸いただきました。
小さなおもてなしに感謝。。外は静かな夕闇に包まれていきます。

    antique shop 8trees   

2010/12/16

ガーデンに癒やされて

人と車の先は、ファーマーズハウスのような大きな敷地
この気持ちよさと、癒やしの空間は、ずっとそこに留まっていたいような心地です。

ピーターシャム・ナーセリーズ(Petersham Nurseries)の店内

P1020667

温室のような屋根の下で、花や植物に囲まれて、飲食ができます。歩き疲れたときに、ちょっと一休み。家族連れも多いです。

P1020669

常夏の国に来たような開放感あふれる空間です。レストランになっていて、食事を楽しむことができます。ワインもアルコールもあります。

P1020670

荷車に観葉植物、アンティーク風の演出もみごとです。

P1020671

パリのアスティエ・ドゥ・ヴィラットのシックなボウル。
化石のような文様が気に入り欲しかったが、お値段をみて諦める。
帰国後、「フィガロ ジャパン」に同じ器が掲載されていて、あーあーと後悔する。

P1020675

ハウスの中から一歩でると、何だか見たような日本の田舎の軒先の風景。
水をはった石臼の中の小石をつかんでは外へ・・・無邪気に遊ぶ子供の姿。
袖口もびしょぬれ!
このあどけさに、旅の疲れも忘れ、思わずシャッターを押す。
ちゃんと、それなりにポーズをとってくれる表情がまた可愛い。

  antique shop 8trees   

2010/12/14

リッチモンドのガーデンショップへ

ロンドンの西郊外にあるリッチモンド。昔から上流階級の別荘や、優雅な邸宅が建ち並ぶエリアだった。
ロンドンにある8つの王立公園のうちの2つ、リッチモンドパークとキューガーデンズに挟まれ、週末ともなればたくさんの人々が緑を楽しみにやってくる。テームズ河岸には小さなボートから超高級ヨットまでプカプカ浮かぶ。

P1020658

目的地はリッチモンドの街から少し離れた、Petersham Nurseries(ピーターシャム・ナーセリーズ)。チャールズ皇太子やミック・ジャガーなどもちょくちょく訪れる、ガーデン王国イギリスを象徴するようなお店。
テームズ川沿いに歩くこと小1時間、大邸宅を眺め、リッチモンドパークを横切り、地図を片手に捜し、ようやくそれらしい場所にたどり着くが、→の表示はあるもののお店らしきものがありません。教会の前の小道を大勢の人や車が同じ方向に向かっている。ひょっとしたらこの先には目的のお店が・・・やっと見つけました。

P1020661

P1020676

P1020677

このショップ、ガーデンを眺めながらラブリーな雑貨も購入できます。

P1020673

次回は、ピーターシャム・ナーセリーズ(Petersham Nurseries)の店内を少しご紹介しますね♪

   antique shop 8trees   

2010/12/13

魅惑のブレスレット

12月も中旬になり、あと残すところ20日をきってしまいました。
一週間が早く過ぎ、日曜日も体を休める暇もありませんが、仕事を優先して、その他のことはマイペースでやっているって感じです。

さて今回の更新では、アンティークジュエリーが好評で、残っていたパールのピアスも先週末にオーダーをいただきました。
好評にあやかって、12月最後の更新にも10点あまりご紹介する予定でいますので、楽しみにお待ちください。

私も若い頃は、アクセサリーをつけなくても、何とか人並みに出歩いていましたが、最近は歳相応に顔も容姿も変形して来て、人の目線が気になり、胸元に耳にと苦労しています(苦笑)
そんなこともあって、アンティークジュエリーの興味関心も深まり、買付けでもジュエリー店へ足を運ぶことが多くなって、宝石の勉強もしています。

そんな私に幸運な出会いが・・・
10月のイギリスの大きなアンティークフェアで、宿泊ロッジに帰る間際、フェア会場のはずれもはずれ、ちょっと遠回りして帰ろうと歩いていたら、一軒のジュエリーショップに遭遇。
ガラスケースの中を覗いてみたら、以前ロンドンのヴィクトリア&アルバートミュージァムで陳列していたようなシェルカメオのブレスレットを発見。

925銀に天使のモチーフが彫られたシェルカメオが7個、一目で気に入り、手首にはめてみました。私としては高い買い物となりましたが、ロンドンや日本のアンティークジュエリー店で買うよりかはあきらかにお安いですし、何十万円もするわけではないのと、天使のカメオなんてそれほどあるものではないのが決め手になって、買付けました。

イギリスはアンティークカメオの最大の市場として今日でも知られているほど。
こんな素敵なカメオのブレスレットもあるってこと、知っていただきたいです。

Img_7810

Img_7806

     antique shop 8trees   

2010/12/10

更新の夜

昨夜はありがとうございます。
今回はいつになくたくさんのご注文をいただきましたが、お品が重なっていたため、返信作業でかなり疲れました。

21:00の受付開始時間には、メールがずらっと重なるように入ってきて、特に天使のクリスタルブローチは今回の一番人気で9時ジャストに、すでに10人以上のご注文が殺到しました。
皆さん長年ご愛顧いただいている方ばかりで、私のPCに到着した順番にとはいっても、せっかく気に入ってご注文をいただいたお品にお断りのメールをしなければならないのは、本当に辛く悲しくPCのキーボードを打つ指先も重く、時間ばかりがすぎていきました。
アンティークは一点物ですので、それも仕方がないことですが、多くのお客様のご希望に添うことができなかったこと、申し訳なくおもっています。
これからも、いいお品をご紹介していきますので、又のご縁をお待ちください。
私、還暦を迎えました。それでもスッピン顔で、ヨーロッパのアンティーク探しに奔走しています。今後ともよろしくお願いします。(日頃、顔が見えない店主より)
.
P1020651_5                 ロンドン・スイスコテージにて(10月)
   antique shop 8trees   

2010/12/08

新商品UP

12月らしい寒さになってきました。

新商品を更新しました。
12月は季節柄、なんとなく華やいだお品をご紹介したくなります。
私自身、一年間の自分のご褒美に、何か気に入った買い物をしたいと思っていますから、皆さんも同じ気持ちじゃないでしょうか。

最近思うのですが、更新の画像アップまでの準備は楽ではありません。
一年一年と老眼が進み、撮影もPC作業もしんどさを感じることがあります。でも、PCの向こうで、新商品のUPをこころ待ちにしていただいているお客様がいると思うと、どこからとなく気力が湧いてきます。

先ほどお客様からクリスマスツリーのお写真が届きました。

Photo

~~

我が家もやっとクリスマスツリーの準備をしました。。。。。12月になって去年八木さんのショップでご縁のあったツリーのブローチをつけていますが、何人もの人から可愛いと言ってもらい見せてほしいと手にとられる方がいます。。。。

そんなお便りを頂くと、ウルウルしてしまいます。一年なんて早いものですね!
でも何年経っても変わらず胸元で輝いているなんて、それはそれは嬉しいことです。

     antique shop 8trees   

2010/12/06

ネーム

12月にしては暖かなお天気が続いていますが、今週半ばから気温も下がり平年に戻るとの予報です。
新商品は近日中にアップの予定です。今回も素敵なお品、たくさんあります。楽しみにしていてください。

さて、先日の新聞で、今年生まれた赤ちゃんの名前の人気ランキングが発表されました。
それによると、男の子は「大翔(ひろと、はると、やまとなどと読む)」が4年連続で、
女の子は「さくら」が6年ぶりにトップになったということです。
男女の上位10までをずらっと見てみますと、どう読むのかわからない名前ばかりで、ビックリ。それでも、力強く、優しく育ってくれることを願って付けていることはよくわかります。

私の孫娘は「ゆりな」「れおな」と可愛い名前ですが、漢字で書くととても難しくて、今でも「な」はどちらが「菜」?「奈」?と戸惑うこともあります。
いつになったら、自分の名前が漢字で書けるのかと思います。(苦笑)

土曜日、久しぶりに行きつけの洋服店に立ち寄ったら、馴染み客の常連さんと出会い、話に花が咲きました。
オーナーのご主人に「よ~ヨン様」と一声かければ、お値段を値引きしてくれるよ!
「よ~海老蔵」と呼びかければ、お値段が2倍になると、ジョークをいう人がいて大笑いです。

「さくら」が堂々1位なのに、「やよい」はベストテンにも入っていないねと、夫が小声でつぶやいてました(´,_ゝ`)プッ

P1020230_3

       antique shop 8trees   

2010/12/03

小さなあかりと暮らす

雨上がりの東京は、強い南風で気温が上昇し、20度を超えるポカポカ陽気となりました。
夜には、一転、冷え込む予報ですから、皆さんも体調管理には気をつけてくださいね。

さて、12月も、あれやこれやと言っている間に、最初の週末を迎えてしまいました。
12月は2回ほど更新を予定しております。
下旬になりますと、クリスマス、お正月の準備でそれどころではないと思いますので、できるだけ早めに更新の準備を進めています。

1ヶ月前から、専門店にメンテナスの依頼をしていましたアンティークのシャンデリアの照明を、先日ようやく引き取りに行きました。お店のスタッフと一緒に、再度点検をした時間は2時間半にも及びました。
海外の買付けでは、100年前の素晴らしいシャンデリアの照明ランプを目にしますが、
海外のアンティークの照明が実際に日本で使えるのかどうか、とても心配で悩み、泣く泣く断念することもありました。
今回、アンティーク専門の電気工事士の資格のある方が、配線からコード、プラグまで点検して、日本用にメンテナンスをしてくださいました。費用は少しかかりますが、販売する側もご購入してくださる方も安心して使用していただけます。

数点のメンテナンスを依頼しましたが、それぞれ趣も雰囲気も異なります。
クリスマスらしく、天使のシャンデリアウォールランプ・ペアからご紹介します。

Img_7642Img_7645

2006年12月に学研から発売された「アンティークのあかりに照らされる暮らし」の本に
我が家が掲載されていますが、「あれから4年も経ってしまった」と、ページをめくりました。この本に掲載されたテーブルランプ、いくつもお嫁に行きました。
それでも、ほっとできる小さなあかりの風景は変わっていません。

     antique shop 8trees   

2010/12/02

冬の買付け

昨日、当面の発送を終えた後、近くの公園に散歩に出かけ、しげしげと木々を眺めてみた。今年の紅葉は猛暑からの急な冷え込みで、いつまでも本当に綺麗です。

赤く染まった木々の下は一面枯れ葉のじゅうたん。この景色はイギリスのパークに負けない美しさです。そのイギリス、中部では雪が降っているとのことです。

昨年の今頃は買付けで、イギリスのフェア会場を終日歩きまわっていましたが、今年ほどは寒くない12月でした。しかし夜明けは遅く、日没は早く、一日が短かく感じられるのは同じです。
寒い時期の買い付けは、厳しいものがあります。
日本のバイヤーさんも一度冬の買い付けを経験すると、次の年は尻込みをします。

私も、数年前までは航空運賃が安い冬のフェアにもよく出かけていましたが、歳を重ねるごとに寒いのは辛いものがあり、体のシンから冷えて、いくら着込んでも、一向に温まりません。
勿論、出店しているお店の方も同じことで、吹きさらしのカジュアルピッチ(テントや屋内でない)ではストーブの効果もなく、店主は手をこすりながら、その場で足踏みしています。ですから12月~2月いっぱいまではアンティークフェアは小規模なものとなります。

南アフリカから来たあるクリケット選手が、「イギリスは一年のうち九ヵ月が冬で、三ヵ月が悪天候だ」といったオーバなユーモアもわかるようなような気がします。

P1010500

              水溜りに氷が張ったフェア会場(昨年12月)

                  antique shop 8trees    

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ