« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011/02/28

はや始めています

2月は日数も少なく、あっという間に過ぎてしまって、
明日から三月、桃の節句(ひな祭り)が間近です。

延び延びになっていた、伊豆・畑家温泉への旅。やっと今週行けそうです。
そんなわけで気合を入れて、更新の準備も徐々に進めております。
次回も素敵なお品たくさんあります。

Blog28february11

画像はご紹介商品の一部です。
楽しみにお待ちくださいね♪

     antique shop 8trees        

2011/02/24

Help me!

ニュージーランド、クライストチャーチを直撃した強い地震は、多くの犠牲者と被災者が出ています。語学学校で英語を学び、世界の人々のために働きたいと、将来の夢を持って学んでいた多くの若者の安否が不明です。
一人でも多くの人が無事に救出されることを、祈っています。

クライストチャーチはイギリスの植民地だったので、イギリス色がつよい街でもあります。
数年前、私はアンティークショップが多いこの町に行く計画を立てていましたが、あいにく日曜日はどこのショップもお休みとのことを知り断念しました。その代わりに中国の旅に出かけたのですが、桂林でとんでもないことが起こり、桂林の汚いホテルで着の身着のまま数日留まる事となりました。
また、その話はいつか機会があればお話することにします。

自然災害でなくても、危険は突然やってきます。たった一度の飛行機のフライトで事故にあわれた方もおられます。これは不運としか言いようがありませんが、助かる命と助からない命、その差は僅かなものです。
日本人教員は携帯電話でベリー・シリアル(とても重大な事態)と何回も言っていたそうです。
ガレキにはさまれ身動きがとれないある男性は「ヘルプ・ミー」と声を振り絞り叫んだら「アイム・ヘルピング・ユーナウ」(今助けてやるよ)と言葉が返ってきて救助されました。

海外に行く時は、最小限の言語は必要です。会話ができなくても、必要な単語をならべて話すだけで、ビジネス英語でない限り、殆ど通じます。
以前、大きなフェアの買付けに行った時、カートごと、農場の溝に落ちて脛(すね)を強打したことがあり、骨折したかと思うほど痛かったので、大声で「Help me」「ヘルプ・ミー」と叫んだら、数人の男性がとんで来て助けてくれました。

私は仕事柄、この歳になっても英語の必要性を人一倍感じています。毎日、電子辞書を引かない日はありません。いつもPCの傍において活用しています。

Img_9392

母国語でないのですから、話せないのが普通のことなのです。
他の国の人は日本語をすらすら話せないじゃない・・と思えば、きっと抵抗感はなくなると思います。

     antique shop 8trees        

2011/02/22

春近し

気持ちよく晴れわたった青空、暖かな日差しが眩しいほどです。
今回もたくさんのご来店、ご注文ありがとうございます。
今までどれだけの回数を更新したのか、数えたこともありませんが、いつも真剣な気持ちで向き合っています。

これからもお客様に信頼されるように、満足のいくお品をご紹介していきたいと願っています。

2008年2月、南イングランドのアランデルの地にいました。
小高い丘の上にある町のアランデル城とカテドラルの威容は、遠くからでも見えます。
あれから三年、ついこの間のような気がします。
いつもロンドンから田舎町へでかけると、「こんなところまでよく来たもんだ」と自分の行動と好奇心に驚くこともありますが、2度3度と行けるところでもないので、あの時、意を決して訪れてよかったと今では思っています。

木々に包まれた長い小道をたどり着き、がっしりとした灰色の塔を見上げると、騎士物語の世界に足を踏み入れる気持ちになりますが、古城の周りの大木には白い花が咲いていた。
日本もそろそろ梅が見ごろとなり、次は桜の開花が待ちどおしくなる。

P1000213

   

       antique shop 8trees        

2011/02/20

新商品UP

本日新商品UPしました。
どれも気に入って買付けたお品ばかりです。
どうぞ、ごゆっくりとご覧になってください。

コッツウォルズ地方「ストウ・オン・ザ・ウォルズ」の小さなアンティーク屋さん
こんな風に無造作に飾られていても、アンティークはその雰囲気を保っています。

P1020724

人から人へと大切に受け継がれてきたもの、どんな小さなものでも秘められた意味があり、心のぬくもりを感じます。

     antique shop 8trees        

2011/02/19

クリームティー

春一番かと思えるような昨日の暖かい強風とは一変して、今日は少し寒く感じられます。
このように寒くなったり、暖かくなったりしながら、春が近づいてくるのですね!

暖かくなってくると、旅がしたくなり、あちこちへ出かける方も多いと思います。
私もハードな買付けの後は、ほっとしたくて小旅行に出かけます。
昨年もベルギーとイギリスのコッツウォルズ地方へと旅しましたが、国をまたがると、言葉や交通機関など事前の準備もかなり大変なので、まずは一つの国のなかで旅することからはじめてみてください。

コッツウォルズ地方といいましても、かなり広範囲の丘陵地帯が何十キロにわたり続いています。東はオックスフォードから西はバースまで、いくつもの美しい村々が点在しています。
旅ガイドに掲載されている主な町は行きましたが、電車やバスの便がよくなく、駅に待機しているタクシーも少なくて、あてにはなりません。レンタカーを借りてまわる自信がなければ、ロンドンから出ている一日観光や一泊宿泊のツアーを利用された方が賢明です。

マナーハウスでアフタヌーンティーを楽しむコースがありますが、スコーン2個がついたクリームティーだけのコースもあります。スコーン2個だけでもかなり満腹感があり、ちょっとしたシンプルアフタヌーンティーを味わえます。

P1020748_2

何より嬉しいのは、旅先で出会った日本人を含む見知らぬ異国の人々と話ができることです。そんな人と人とのふれあいが旅のいい思い出となります。

新商品アップも間近です。

      antique shop 8trees        

2011/02/17

素敵なアンティーク

次回の更新の準備もほぼ終盤に近づいています。
準備が完了しましたら、メルマガでいち早くお知らせいたしますので、
楽しみにお待ちください。

いつものことながら、私自身初めて見るものや、ご紹介するものが多くて、
にんまりと眺めながら準備をしています。

近日中にアップの予定ですので、あまり紹介する時間もないのですが、
その中からちょっと珍しいお品をピックアップしてご紹介します。

    WOOD(木)で作られたホブノブ~*

ホブノブとはカーテンの両脇に取り付けるフックのことです。
両側に取り付けたフックに、カーテンポールを置いてカーテンを掛けるのです。
紳士と淑女の影絵が描かれています。
ノブの色合いが何ともいえない味わいで、カッコいいです。

  Img_8981_2 

     *~薔薇の手描きホーロートレイ

ホーローのトレイに薔薇のガーランドがハンドペイントで描かれています。
中央にはイニシャルモノグラムの文字。こちらは1900年初頭のフランスの特注品です。
素晴らしいコンディションで、二度とめぐり合えないお品です。

  Img_90272_2

いろいろと私の確かなテイストで選んで来ています。
アンティークは年代も不可欠ですが、
あなたが、いちばん好きだと思う ゛ ひとつ ″を プラス

そんな気持ちでアンティークと付き合ってください。

     antique shop 8trees     

2011/02/15

アイボリー

昨日の夕方から降りはじめた雪は、今朝には一面真っ白に積っていました。
朝の眩しい光をあびてキラキラと輝いていて、ちょっと神秘的に感じられます。

更新の準備もはじめています。
今回は素敵なアイボリー(象牙)のアンティークジュエリー2点をご紹介します。

象牙は素材のもつ柔らかい色合いと質感が好まれ、ヴィクトリアン時代を貫くロマン主義の傾向から、オリエンタリズムを表現するのにふさわしい装飾具として愛好されました。
花のモチーフも好んでとりあげられ、その種類も豊富ですが、中でも薔薇とスズランは特に人々に愛され、人気のモチーフです。

Img_89562

Img_89662

胸元を飾る上品なアイボリーの魅力、それは永遠のものです。
卒業式、入学式と晴れの舞台で、きっと人々の目にとまることでしょう。

       antique shop 8trees     

2011/02/13

入国審査

先日、関東のお客様から問い合わせのお電話があり、色々とアンティークのことなど、つい話し込んでしまいました。
関東のお客さん、夫が定年退職したら、イギリスのB&Bに滞在しながら、いろんなところに行ってみたいなんて思っているのですよ・・・
それで、イギリスまではどのくらいのフライトなんでしょう?と聞かれ
12時間ぐらいでしょう、なんて答えました。

私も随分イギリス、フランスと旅しました。
買付けの仕事なくしては、こんなに同じ国に何十回も行くことはなかったでしょう。

それで、フライトのことなんですけど、
飛行時間は、そのときの風の強さなどによって変わってきて、11時間ほどでイギリスのヒースロー空港に到着する場合もあります。
昨年10月の買い付けの時も、1時間早くロンドン上空に着きましたが、その後がいけません。ヒースロー空港はハブ(拠点)空港で、発着便数がとても多く、空港の上空で1時間近くも待機させられました。

ようやく着陸しても、これで一安心とはいきません。その後入国審査と荷物の引き取りが待っています。
イギリスは入国審査に、非常に時間がかかります。
長い長い列ができているのに、審査官の人数が三人しかいないときとか、審査官同士のお喋りとか・・・。
本当にイライラします。

審査のゲートはたくさんあるのだから、人を配置してもっと開け・・・と怒鳴りたくなる
( ゚皿゚)キーッ!!
おまけに、ややこしい国の人の列に並んだら大変です。
一見、テロリストのような風貌の人の列だったら、さらに一時間は待つと思ってください。
前回もあやしげな数名の人達がなかなか入国審査が通らず待機させられていました。
顔つきからして、アラブ系の国の人に見えました。
日本人の観光客、1分もかかりません。
「ありがとう」「さようなら」で終わりです。待つこと二時間なんて、もううんざりです。

それ行け、それいけ、トランクを捜しに・・・・走ります。
でも、時間が経ち過ぎていて、もう成田からのフライト便の名前が表示されていません。到着してから二時間あまり、その間、何便がこのヒースロー空港に到着したことでしょう!
私のトランク、どこにもありません。端から端まで走りながら捜したら、コンベヤーとコンベヤーの床の上に斜めに1個だけ無残にころがっていた。
いま思えば、よく残っていてくれたものだと、思っています。

フライトの長旅の疲れに加えて、ホテルのチェックインまで緊張が続きます。
日本人の勤勉さを少しは見習えと、渡英するたびに思います。

Img_90952 

    antique shop 8trees     

2011/02/11

雪の祝日

2月の建国記念日、毎年この頃は一年の中で一番寒いように思います。
雪が降るのが珍しい太平洋側も、雪のところが多いようで、東京も雪の祝日となりました。
今日の積雪は○○?センチ

白く曇った視界、こんな日は、特に花の季節が恋しくなります。
花の少ない季節は花に憧れ、花がいっぱい咲くころには、その花を活けるうつわを探します。
とりわけ、わたしは季節に敏感で、アンティークに囲まれた生活の中で、日々四季のことを考えない日がありません。

芽がでたばかりの、パープル色のヒヤシンス、花が咲いたらガラスのポットに入れようと、毎日楽しみにのぞいています。

私たちの暮らしの中、いろいろな花に囲まれています。
こだわって探して買付けた花柄の小物や、リネン、お皿やカフェオレボウル、花の絵・・・
花のアイテムは、まだまだたくさんあります。
それらはみんな、生花と同じように暮らしに彩りを与えてくれます。

新商品をアップしたばかりなのに、花への想いでいっぱいになります。
アンティークには薔薇のモチーフが多いのですが、次回は“すずらん”や“スミレ”のアイテムもご紹介したいと思っています。

Img_8937

   antique shop 8trees     

2011/02/09

初雪

東京でもようやく初雪が降りました。
大雪で困っている地域の人にとっては、おママゴトみたいな話でしょうが、珍しく思えて、ついカメラを向けてしましました。

沢山のご注文ありがとうございました。今回も重複するお品があり、辛いことですが、お断りしましたお客様、申し訳ありません。次のご縁をお待ちください。

朝、一番にメールを開くと、海外の同業者さんから

“やはり歩いて探されたものって、解ります^^ 
家具もピントを付いていますね、主婦の。
日本に家があれば、いただきたいようなものばかりです。歩いて探されたご苦労も感じます。”

そう言っていただいて、本当にうれしかったです。
時代を越えた素敵なお品を、もっと身近なものとして感じてもらえるようにと、
気が早いのですが、次の買付けの予定も考えています。
.
Img_88002
  
       antique shop 8trees     

2011/02/07

2月の歳時記

 立春を過ぎると、春風が氷を溶かし、その合い間から魚が姿をのぞかす。
 やがて解けた雪や氷が蒸発して、春霞となってたなびく日も近い。

そんな風流な詩を口ずさみながら春を待っていますが、積雪が多い地域の雪崩、火山噴火の土石流も心配になって来ます。自然と共有することは、プラスにもマイナスにもなるってこと、それが自然界なのでしょうか。

本日新商品UPしました。今回も色々と珍しいお品をご紹介しております。
どうぞごゆっくりとご覧になってください。

昨日の日曜日六本木のミッドタウンにあるサントリー美術館で開催されている
マイセン磁器の300年展に行ってきました。

Img_8795

美しいものは、いつまでも人々に愛され、歴史とともに引き継がれていきます。
私の紹介しているアンティーク&コレクタブルも、時代は浅いですが、皆さんにいつまでも大切にしていただけると思っています。

  antique shop 8trees     

2011/02/04

Stolen ってほんと?

「立春」の名のとおり、春めいた暖かい日になりました。更新の準備も終盤に入り、週明けには新商品UPの予定でおります。

10月に買付けた商品の画像を見ながら作業をしていると、買い付けのときに起きた、ある面白い出来事が昨日のことのように思い出されます。

このときの買付けではリクエストされていたチムリーポット(煙突)を探していましたが、ある店の前でたまたま、数個のチムリーを見つけ、嬉しくて走って駈け寄りました。
ところが運悪く、その時に肝心の要望のサイズを書いていたメモを持ち合わせていなかったので、店主に事情を話し、翌日までHOLDしてもらうことになりました。

次の日、いそいそと叔父さん、いやオヤジのブースに行って、「昨日、預かって置いてもらったチムリーポットを見せてちょうだい。」 オヤジ無言。。。一瞬バツの悪い顔になった!

Sold と言うものだから、(゚Д゚)ハァ?

何でHOLDしてもらっていたものを売ってしまうの(# ゚Д゚) ムッカー

食い下がる私に、これではちょっとまずいと思ったのか、今度は、stolen、stolen と繰り返す。つまり、盗まれたというのです。

車の中に一晩、入れておいたら盗まれていた、と言うのです。

そんなこと常識ではありえないことで、このフェアの中には泥棒がいるってこと?

でも、Stolen、 Stolen の一点張り。 悔しいけれど信じて諦めるしかない。

その後、シッピング会社の倉庫に帰ると、なんと、そこには私が昨日、取り置きしてもらっていたチムリーポットが置いてあるではないですか。(・_・)エッ....?
アメリカ人のバイヤーの車にまさに積まれようとするところです。

P1020471

真ん中の王冠の形をした煙突、これこれこれなんです。
嘘はつけないものですね!同じシッピング会社の同業者にあのオヤジは売ってしまったのに違いありません。
信じられない嘘つきオヤジなのです。

そのオヤジの顔、元アメリカ大統領のカーターさんにソックリ。
白っぽい金髪のまつ毛も・・・。絶対忘れないと思います。

P10205302

ロンドンへの帰路、プラットホームで見た煙突・・。やっぱし尾を引いてます。フゥゥ~~

    antique shop 8trees     

2011/02/02

食彩健美

今日は、お客様のお宅に商品を届けてきました。
梱包しにくいものや、家具などマイカーに乗る程度のお品は、片道一時間程度でしたら直接お届けしています。商品をお渡ししたら、すぐ帰りますが、お客様と出会う機会がない私にとっては、また嬉しいことです。

道中のドライブや昼食も、本当はもう1つの楽しみで、帰路、イオンモール武蔵村山の中にある「野の葡萄」に立ち寄る。このお店何度か来ていますが、身体に優しいお料理、約80種類のナチュラルスタイルビュッフェで、好きなものを好きなだけ食べられるヘルシーなお店です。家でなかなか作れない料理を少しずつ食べ尽くしですヽ(○´3`) フッ フッ

その地でとれたものを、その地でいただく・・・それはとても贅沢なことだと思います。

最後に好きなカップでコーヒーを一杯

Dvc00001_5     湯気立

 ストーブの上 ストーブの中
 たくさんの各野菜たちが
 コトコト湯気をたてて
 冬の渇いた空気が
 ゆっくり、しっとり
 温まってゆく

マットに書かれたあったかな言葉を目でよみながらほっとする時間を過ごす。
健康を食べるって、しあわ~せ!

    

 antique shop 8trees      

2011/02/01

2月はじめ

2月に入り、少しは寒さもやわらいだ感じもしますが、豪雪地域の皆さんは、毎日屋根の雪下ろしなどで、疲労も限界に達しているようです。早く自衛隊派遣などの対策をこうじていただきたいです。

私の実家も冬はよく雪が降るところなので、心配して電話をかけてみたところ、1mほどの積雪があるようで、取り除いた雪を溜めたところは兄の背丈ほどもあると言ってました。とにかく、雪の始末は大変らしいです。
話を聞いてビックリしたのは、この大雪では山や里に食べ物がないため、「鹿」が民家の近くまでやって来て、青々した柔らかい葉っぱを次々に食べているとのことです。

一方、関東地方は晴天続きで、乾燥注意報が出っぱなしで、道路に放水車が出動しています。風邪も流行しているようで、学級閉鎖も週ごとに増加しています。

昨日イギリスの知人からメールが来ましたが、インフルエンザにかかり、4日間も会社を休んだとのことです。どこも大変です。

新春セールには、たくさんのご来店、ご注文ありがとうございました。
お蔭様でご紹介中の在庫品も僅かになってしまいました。
心よりお礼申します。

さて、デパートや大型スーパーの店頭には早くもバレンタインデーチョコが1月から並んでいます。当店でも2月のプレゼントはイタリーのコインチョコの詰め合わせを差し上げます。

2choko112

€コインとユーロ紙幣、そしてハートのメッセージチョコを入れてラッピングして、お荷物の隙間にお入れします。
イタリアのローマの“トレヴィの泉”
「泉に背を向けてコインを1枚投げ入れるとローマ再訪がかなう」という言い伝えはあまりにも有名で、コインを投げる観光客の姿は風物詩。今はコインを2枚投げると好きな人との恋が成就、3枚で恋人と別れられるという話もあります。
それでは€コイン3枚は入れないとねヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

    antique shop 8trees

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ