« 入国審査 | トップページ | 素敵なアンティーク »

2011/02/15

アイボリー

昨日の夕方から降りはじめた雪は、今朝には一面真っ白に積っていました。
朝の眩しい光をあびてキラキラと輝いていて、ちょっと神秘的に感じられます。

更新の準備もはじめています。
今回は素敵なアイボリー(象牙)のアンティークジュエリー2点をご紹介します。

象牙は素材のもつ柔らかい色合いと質感が好まれ、ヴィクトリアン時代を貫くロマン主義の傾向から、オリエンタリズムを表現するのにふさわしい装飾具として愛好されました。
花のモチーフも好んでとりあげられ、その種類も豊富ですが、中でも薔薇とスズランは特に人々に愛され、人気のモチーフです。

Img_89562

Img_89662

胸元を飾る上品なアイボリーの魅力、それは永遠のものです。
卒業式、入学式と晴れの舞台で、きっと人々の目にとまることでしょう。

       antique shop 8trees     

« 入国審査 | トップページ | 素敵なアンティーク »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ