« ライフスタイル | トップページ | 更新について »

2011/03/19

冷静な判断と行動

計画停電が始まったということで、夫の実家(関西)からラジオ付き懐中電灯や保温ポット、食品が送られて来た。
私の兄も、いつでも物資を送るといってくれています。二人暮らしには多くの物はいりませんが、この先のことを考えると心強く、ありがたいことです。

昨夜遅く、被災地の石巻から戻って来た長男の話によると、まだ100人ほどの従業員の安否が不明で連絡がとれないとのことです。
被災地はとても寒く、応援に行った彼らも、勿論暖房もなく寒くて寝られなかったようで、かなり疲れていました。
とにかく被災地は寒さが厳しいようです。
支援物資の受付が始まっていますが、なによりも、毛布や家にある未使用のタオルや使い捨てカイロなど、寒さ対策ができるものが必要です。
タオルは私も寝るときに首に巻いていますが、マフラーの役目を果たし、暖かいですし、色々と使えるので便利だと思います。

大地震と原発損傷、停電と日を増すごとに、被害の大きさに心が痛みますが、日本在住の外国人が、計画停電について、「日本人は予定時間になれば、ちゃんと実施してください、と望む人が多い」事に驚いています。
これが、アメリカであればパニックが起こり、中国だと停電は当りまえ、フランスは暗闇の中で愛をささやく・・・なんてジョークを言っていましたが、日本人は勤勉な有能な国民であることを、私たちは誇りに思い、この難関を乗り切らなくてはなりません。

しかしながら、現実は福島の原発問題の予断を許さない状況に、福島県から多くの人が東京方面に避難して来ているのも事実です。
自然災害は一定の時間が経てば復旧復興も早いですが、強い放射能を浴びると、長い間苦しまなければなりません。被爆国である日本はその恐怖を充分知っています。

根拠のないデマにまどわされないように、一人一人が冷静な判断と行動をしなければと思っています。

   antique shop 8trees                       

« ライフスタイル | トップページ | 更新について »

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ