« 昆虫のジュエリー | トップページ | 薔薇 »

2011/05/12

furniture

飽きのこないアンティーク家具を持つことは、多くの人のあこがれです。
マホガニーやオークといった英国家具は勿論素敵ですが、
すがすがしく清涼感のある白いペイント家具もスタイリッシュな印象を放ち、
インテリアに深みと奥行を演出します。

こちらの鏡はフランスのミラーで、ペールグリーンのペイントがとてもさわやかです。

Mirror_2

また今回一押しのサイドテーブルは、1875年 にロンドンのリージェント・ストリートの一角にオープンした一軒の小さなお店 「Liberty(リバティ)」 でディスプレイ家具として使われていたサイドテーブルです。
ファブリックや美術品を販売していたこのお店は今も、イギリスはもちろん、海を越えた日本でも多くの人に愛されています。そのお店のモスクを思わせるようなテーブルのアーチの装飾は、小さな花柄の布を一層引き立てたに違いありません。

Side_table

アンティーク家具は、ペイントされ、修復され原型をとどめていないものもありますが、
美しいと思えるものは、大切に残され受け継げられていきます。

       antique shop 8trees   

« 昆虫のジュエリー | トップページ | 薔薇 »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ