« チワワと薔薇 | トップページ | 涼しげなアイテム »

2011/05/23

勿忘草キャニスター

九州南部は早くも梅雨入りしたそうです。
こちら東京もしとしとと雨が降り始め、気温も低めで、少し肌寒いです。

買い付けて来た勿忘草のキャニスターセット、これからのジメジメした梅雨の季節を吹き飛ばしてくれそうな、清々しいお品です。

いつも上質のテーブルフェアが置いてある、行きつけのお店で見つけました。
このお店のオーナー夫人、私と同年代でとても感じのいい人です。
お人柄と同じように、私が買い付けたいと思うお品が揃っています。
リモージュのアビランドとか、ティーカップにしても、花柄がとても素敵なのです。一目散に行かないと、目を付けているバイヤーさんも多いので、すぐにSOLDになってしまいます。
このお品も陳列された直後にゲットしたので、セーフだったけど、もう少し遅ければ後の祭だったと思います。
勿忘草の花柄は手描きで絵付けされていて、どのキャニスターも絵柄が少しずつ違います。
陶器のレリーフもエレガントで、これだけ美しいのはめったにお目にかかれません。
4個は大きくて、4個は小さくて可愛いキャニスターです。
詳細は新商品UPまで楽しみにしておきましょう。。。☆

Forgetmenot_canister_set_2 

ちかぢか新商品アップします。
素敵なお品がたくさんあります。お楽しみに♪

         antique shop 8trees   

« チワワと薔薇 | トップページ | 涼しげなアイテム »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ