« 帰国 | トップページ | アヴィニョン »

2011/06/20

英国の6月は素敵

「帰国したばかりでお疲れなので、ゆっくりと休んでください・・・」とお客様からメールを頂いています。お心遣い、ありがとうございます。
海外では毎日早起きして、終日歩いていたので、急にのんびりしても、かえって調子がくるっちゃいます。

あまり眠くないのです。。。これって時差ぼけなの?
でも、若くないのですから、少しは自重しないとね。

イギリスでは、毎日アンティークフェアで歩きまわり、景色を見る余裕もあまりありませんでしたが、宿泊ロッジの傍の大きなガーデニングショップでは薔薇の花が満開で、
家々にはハンギングフラワーバスケット、ウィンドウボックスが飾られています。
やはり6月はいいシーズンです。
でも、まだイギリスの気候は不安定なので、コートを羽織っている人、半袖の人と様々です。

P1030323

ロッジの部屋の窓から外を見ると、穴から出てきたウサギがえさを探していました。
リスはよく見かけますが、ウサギは初めてです。

P1030332

イギリスは山が少ないせいか、初夏には積乱雲(入道雲)が毎日のように現れる。
東京では、入道雲をめったに見なくなったように思います。
P1030320_2
私が毎回買付けで、このロッジに宿泊するのは、このPennllsショップと、道路を挟んだ向かい側の安くて美味しいレストランの夕食を楽しみにしているからです。
.
      
        antique shop 8trees
   

« 帰国 | トップページ | アヴィニョン »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ