« 運河とアンティークの町 | トップページ | 南仏で見つけたアンティーク »

2011/07/01

リルのアンティーク

長かったような短かったような6月、南フランスにずっといるような余韻が、まだ残っています。
お蔭様でサマーセールも好評で、在庫スペースも大分空いて、ほっとしています。
これから夏本番ですから、もうしばらくサマーセールは続けます。
また、お待ちかねの新商品の更新は7月上旬に予定しております。
手持ちで持ち帰りました素敵なお品がたくさんありますので、楽しみにお待ちください。

P1030455
リル・シュル・ラ・ソルグのアンティーク市は毎週日曜日に、運河沿いで一日中、開かれています。
プロヴァンスの古い家具や陶器類など、見るだけでも目の保養になります。

P1030420_3P1030421_3

ストールにはフランスのプジョーのコーヒーミルもありますが、お値段は安くはありません。
マルセイユの石鹸も山のように積まれていて、オブジェのようで、思わず足を止める。
さまざまなロゴ文字、男性的でカッコいい!!

P1030463_3  P1030462 

人口2万人ほどの町に、常設のアンティークショップが200以上ありますが、私が訪れたホーローの専門店には状態がよくレアなものもあったが、お値段はパリ同様に非常に高いです。
マダムはたぶん数点購入すれば多少の値引きもしてくれたでしょうが、この後の買い付けや、ロンドンまでの手荷物の重さを考えると手がでませんでした。

       

        antique shop 8trees
          

« 運河とアンティークの町 | トップページ | 南仏で見つけたアンティーク »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ