« 節電の夏 | トップページ | 新商品UP »

2011/07/05

ルールマランの村

ルールマランはオリーブ畑や果樹園、緑に囲まれた美しい村
名前の響きからと、作家アルベール・カミュが晩年過ごした村・・・そんな思いと、
時間があればルールマランにあるアンティークのフランス刺繍のお店に行くことだった。

ルネッサンス様式の城、落ち着いた家並み、この山あいの村には、洗練された雰囲気が漂う。

Img_1340_3Img_1341_3Img_1339_4

狭い曲がりくねった通りの両側には石造りの古い可愛い家が並んでいる。
この路地の向こうには何があるのだろう。。。
そんな気持ちにさせてくれる細い路地が好き。

Img_1342

P1030559

私たちはこのルールマランのレストランでランチをとる。
光と風がここちよい木陰でプロヴァンス料理をいただく。
このお皿の中に、プロヴァンスの味覚がすべて凝縮されているようです。
その土地で取れた野菜や食材をいただくことは、旅人にとって何よりも幸せなことです。

         antique shop 8trees

« 節電の夏 | トップページ | 新商品UP »

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ