« 軽井沢の夏 | トップページ | 憧れのレストラン »

2011/08/08

軽井沢 夏の骨董市

立秋なのに全国的に大変な猛暑です。今週の関東は35度~38度の猛暑日が続き、お盆の頃は、またジメジメとした暑さになるとの気象予報です。
皆さんもお出かけの時は暑さ対策に充分気をつけてくださいね。

お盆休みは、ショップもお休みになるところが多いですが、私はちょこちょこと出かける予定はありますが、夜は自宅にいますので、特別お休みはしたしません。
お客様も近場で夏を満喫している方が多く、皆さん不定期ではありますが、更新を楽しみにしておられます。
私も、ご期待にお応えできるようなお品を順次ご紹介したいと思っていますので、よろしくお願いします。

Karuizawa_summer_brocante_2

軽井沢の夏の骨董市はあの有名な軽井沢のテニスコート近くの旧軽井沢公民館で30年前から毎年8月1ヶ月間、開催されています。
出店数は少ないですが、出店者も変わりますので、見るだけでも楽しいです。
チャーチストリート軽井沢の中央広場の蚤の市は年2回で、日程は定かではありません。
私はここで、大きなガラスのジャーをたったの2500円で買いました。
たぶん昭和初期のお菓子屋さんの店頭で飴玉が入っていた瓶だと思います。早速持ち帰って、アンティークレースをいっぱい詰め込みました。
じっくり探せばこんな戦利品もありますよ。(v^ー゜)ヤッタネ!!

Karuizawa_summer_antique_fair_2

 

         antique shop 8trees    

« 軽井沢の夏 | トップページ | 憧れのレストラン »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ