« 内輪話 | トップページ | チャリティーのトランク »

2011/08/17

花の刺しゅう

連日、甲子園では球児達の熱戦が展開されています。地元代表の高校や故郷の高校が出場するとつい力が入り、負ければがっかりしたり、毎日楽しんでいます。

この猛暑も、今週がピークで、来週になると少しは楽になりそうとの予報にほっとしています。昨日アンティークのトランクの中に収納している、手刺しゅうのリネンやテーブルクロスを一枚一枚手にとって眺めていたら、とても愛らしく、ほんわかと癒される気持ちになりました。

イギリスでは産業革命により布製品の貿易が盛んになり、装飾性を高めるために、刺しゅうを施したものが多く作られました。それと同時に、家庭でも刺しゅうを楽しむようになり、20世紀中期のファブリックの手工芸品は、まだまだ状態がいいものが沢山残されています。

1本の糸が織りなす野の花のやさしさ

小さな花づかい

かたちとして残されたものはどうして、こんなにも可愛いものなのでしょう

.

Hand_embroidery

.
刺しゅうものは、8月中にご紹介しますので、お楽しみに!

        antique shop 8trees      

« 内輪話 | トップページ | チャリティーのトランク »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ