« 花の刺しゅう | トップページ | 古いアルバム »

2011/08/20

チャリティーのトランク

チャリティー(charity)といえば “慈善、救助のための募金” ですね。
チャリティーショー、パーティー、バザールはキリスト教の国では、日常から盛んに開催されていて、珍しいものではありません。
日本でも3・11震災後、身近に感じるようになりました。

6月のイギリスのアンティークフェアで、「チャリティーのアンティークのお店」をはじめてみました。よく覚えていないけれども、色々なものがありました。
その中で、ひときわ輝き目に留まったのが、ハットBOXのような形のレザーのトランクです。
チャリティーだから、たぶん通常よりもお買い得なのかなぁ~と値段を聞いてみたら、それほど安くないのです。
日本でいえば、チャリティーバザールは破格のお値段で、「気持ちだけ」って感じですよね!
お店の女性に、もう少し「Best price」をお願いしたら、売上金は寄付するのだから、ディスカウントはできないなんて言われました。
なるほど、そう言われればそうだし。。。。( ´,_ゝ`)ハイハイ

ウゥ~ン思案しますね!

でも、午前中に廻ったアンティークの革の専門店では、この種のトランク250ポンド~300ポンドの価格が付いていました。それに比べれば。。。と思い購入することに決めました。

買った後も、恵まれない人たちへの募金と思えば気分もよく、何よりこの形のトランク欲しかったのですもの(o^-^o)

1108charity_4

.

次回の更新は8月22日(月)です。アンティークレース、刺しゅうのテーブルクロス、ファブリックなど、可愛いものばかりです。お楽しみに!

       antique shop 8trees      

« 花の刺しゅう | トップページ | 古いアルバム »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ