« 矢車草のフラワーハット | トップページ | 肖像画の中の美女は? »

2011/09/07

白い薔薇の絵

ブログのデザイン、少し変えてみました。
秋めいてきたことが動機にはなっていますが。。。
先日、NHKの朝ドラの「おひさま」を見ていたら、
「お店はいつも玄関が開いていて、お店の中にはいっぱい物があって、見るだけでも楽しくて、今度あの品を買えるようにがんばろう~と思える、そんなお店が素敵~」。。。
そんなニュアンスの会話が交わされていました。

HPのトップページもブログもショップの玄関です。すなわちお店の顔です。
秋には秋らしく、春にはほんわかな雰囲気にしたいものです。たぶん私が店舗を構えていたら、きっとそんなディスプレイをすると思います。

テンプレートを使わずに、試行錯誤でオリジナルのデザインにするには時間もかかり、今日も一日あっというまに過ぎましたが、更新の作業は予定通り進んでいます。

ウェブショップの在庫品の絵画も1つ1つとご注文が来て少なくなってきました。絵は飾ってあるかないかで、ずいぶん気分も違います。
私も絵画が大好きです。真っ白な壁がシンプルでいいと言う人もいますが、そんな方でもこの絵なら好きになっていただけそうです。

白い額縁に白い薔薇の油絵
シンプルで、それでいて凛とした姿、私が気に入った一枚の絵です。

.

Img_2900_2

          antique shop 8trees  

« 矢車草のフラワーハット | トップページ | 肖像画の中の美女は? »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ