« 目覚ましタイム | トップページ | チェコガラスのツリー »

2011/10/14

antique fair

イングランド中部のショーグランドのアンティークフェア
とんがり屋根のテントが広大な敷地に立ち並ぶ。

ヨーロッパ各国のお店がブースを構え、世界中のバイヤーが買付けにやって来ます。それ以外にイギリス国内の熱心なコレクターさんやアンティークファンが好みのアイテムを探しています。

イギリス人は家のインテリアとして、アンティークを飾ることが大好きで、アンティークは身近な存在となっています。

P1030912_2P1030942_2 

私も十数回、足を運んでいますが、年々いいお品は少なくなっています。
最近は円高ユーロ安が続いていますが、アンティーク市場は別で、今まで10ポンドで買えた品が20ポンド~30ポンドに高騰して、戦利品を見つけるのは至難のわざです。

お客さんもだんだん目が肥えてこられて、マンネリ化したものでは飽きられてしまいます。私も買付けに行く度に試行錯誤をして、少々お値段が高くてもいい物を買付けるようにしています。

今回も満足がいくお品を買付けてきました。
家具、照明、絵画もたくさんあります。
このような調度品は一生モノで、長く付き合っていただくお品ですから、状態のいいお品を厳選して買付けています。

こちらのお品は船便になりますが、年明けには届く予定です。

1110kagu_lamp_3 

どんな時代になろうとも、夢や楽しみを失っては、生きる気力も働く活力も湧いてきません。「あなたの夢は希望は、楽しみは?・・・」と聞かれた時、答えられる人になって欲しいです。

次回の更新の準備をはじめております。
どうぞ、もう少しの間お待ちくださるようにお願いします。

« 目覚ましタイム | トップページ | チェコガラスのツリー »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ