« antique fair | トップページ | Lewes(ルイス) »

2011/10/15

チェコガラスのツリー

今回の買付けで素敵な出会いがありました。
ご主人がドイツ人で奥様がチェコ人のディラーさんです。

知る人は知る人気のガラスのツリーです。
1940年頃にチェコスロバキアでクリスマスの時期に作られたものです。
ブローチは数多く並べてあったのですが、ツリーは少なく、パーフェクトと言える状態のもの20数点買い占めてしまいました。
その日は強風で、ガラスものは割れる恐れがあるので、早々に店じまいをされ、ロンドン近郊のフェアに出店してから国に帰ると言っておられました。

悪天候(強風)の中での買い付けだったので、奥さんは空を見上げ、
2個のツリーのブローチをプレゼントしてくれて、私のニットのジャケットの襟につけてくれた。日本に帰国するまで、12月でもないのにずっとそのまま付けていました。

9日の日曜日、ヴィクトリアの近くの“Royal Horticultural Hall”のアンティークフェアに行ったら、高級ジュエリー店で、このチェコガラスのツリーがディスプレイされていて、皆さんの視線はジュエリーよりそちらへ。
本当に素敵でした!

クリスマスを控え、もうイギリスではツリーを飾っているところもあり、11月になれば本格的にクリスマスの飾り付けが始まります。

何重にも丁寧に梱包して、手持ちで機内に持ち込みました。

Img_3358_2

どれも1つ1つガラスをはめた手作りのツリーです。


Img_3359

まるで森のファンタジーの世界です。

Czech_glass_trees

11月上旬にご紹介する予定でおりますので、お楽しみに♪

« antique fair | トップページ | Lewes(ルイス) »

antique」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ