« 帰国 | トップページ | antique fair »

2011/10/13

目覚ましタイム

ロンドンは来年のオリンピックを控え、至るところで工事をしています。
到着した日も、ヒースロー空港から地下鉄に乗り、キングスクロス駅まで行ったものの、タクシー乗り場が工事中で、長蛇の列ができている。
今回は夫の大きなトランクを持って行ったし、時刻はすでに夜の8時を回っていたので、ホテルまで歩くのはとても無理。並んでタクシーを待つしかなかった。

ホテルに着いたら、バタンキューでぐったり(ノд・。)
まずは、携帯電話と目覚まし時計の設定とカメラ、携帯の充電。
海外のプラグは日本の差し込み口とは違うので、それ用のプラグが必要です。

滞在中、目覚まし時計は一度も役にたちませんでした!
毎日、目覚まし設定タイムより早く目がさめてしまって、チャイムが鳴るのを待っているおバカさんでしたが、ちゃんと時間通り鳴って、満足でした。

1110rondon

向こうに見えるホテルは、10数年前、私が最初にロンドンに来た時に宿泊したホテルです。どういうわけか、このホテルの宿泊料金はすごく高くなってしまい、今は泊まれません。

これからは、買付けたお品も少しご紹介しますね♪

« 帰国 | トップページ | antique fair »

antique」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ