« 六義園 | トップページ | 葉山からの手紙 »

2011/11/11

市松クロス

今日の東京は12月並の寒い雨の一日でした。
震災から8ヶ月、被災地はもっと寒い凍えるような気温だったそうです。これから迎える冬の寒さのことを思うと、せめて温かい暖をとり、家族が共に暮らせるように、祈らずにはおられません。

2011年11月11日、11時11分には、縁起をかついで色んな催しがあったようです。
11月は、文化祭や学園祭が大学や高校で盛んに行われています。
先週は一橋大学のキャンパスがある国立で、“天下市”があり、大学通りには沢山のお店が出ていました。天下市の間は商店街も協賛で、お値打ち価格のものが随分とありました。
我が家は朝はパン食なので、ジャムは切らしたことがありません。
フランスのマロンジャム、手作りのリンゴジャム、変わったものでジンジャー(生姜)ジャム、日持ちがするものばかり買ってきました。
買いだめはよくないことはわかっていても、正直なんだかほっこり安心気分になるのです。

111111_3   

画像の紅白の市松模様のテーブルクロス、古い時代のフランスのものですが、日本でも1741年に江戸中村座の初代佐野川市松(1722-1762)がこの文様の袴を用いたのに起こる呼び名です。
どちらにしても、おめでたい模様なのです。

このクロス、色は褪せてはいますが、とっても雰囲気がある布です。またクロスに合うように縁取りが市松のフレンチプレート、年代物のルー・クルーゼの片手鍋なども、次回の更新でご紹介しますので、楽しみしていてくださいね!

« 六義園 | トップページ | 葉山からの手紙 »

antique」カテゴリの記事

my life」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ