« わたしのウオッチング | トップページ | 市松クロス »

2011/11/10

六義園

江戸の名園、六義園(りくぎえん)に行ってきました。

毎年この時期に、次男の出身高校の親のクラス会をしています。
卒業してから、もう十数年になりますが、今だに途絶えることなく続いています。
近年は出席者も少なくなり、顔ぶれは同じメンバーになってしまいましたが、1年に一回会う楽しみは年々大きくなっています。
私は殆ど毎年参加の常連組で、昨年は幹事もしましたが、その幹事も回りが早くなり、2年後にはまたすることになります。

還暦を過ぎますと、人との付き合いも、それぞれの事情で少なくなりますが、私はできるだけ人との会話を大切にしています。
会話を通じて、人とのふれあいの中で学ぶことも多く、お互いの苦労やこれから先の人生を分かち合うことができます。

毎年、都内のいろんな場所で昼食会をしていて、個人ではなかなか行けない場所や知らないお食事処に随分いきました。
今回は巣鴨にお住まいの幹事さんが、色々お世話してくださって、六義園の中の「心泉亭」を、半年前から予約していただきました。

あずま屋から見る「回遊式築山泉水」の大名庭園は見事な風情です。

111109_3 

六義園は五代将軍・徳川綱吉の信任が厚かった川越藩主・柳沢吉保が元禄15(1702)年に築園した、和歌趣味の名園です。

111109_4

ちらほら紅葉も色づき、吹上茶屋でいただいた抹茶と和菓子は、幸せの味でした。

« わたしのウオッチング | トップページ | 市松クロス »

my life」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ