« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011/12/30

走りつづけた一年

震災からすべてが変わり、多難な一年でした。
大震災の影響、節電、政治、経済の混乱・・・。日本だけでなく世界も激しく変わる年でもありました。

自粛ムードから、買え控えもあり、一時は買い付けもどうなることかと心配しましたが、ふり返ってみると、それほどは以前と変わらず、走りつづけた一年でした。
4月の買付けは断念したものの、6月はかねてから行きたかった南フランス、プロヴァンスの買付けの旅も実現し、遠く離れた異国の地で日本のことを考えることができました。

人と人の絆をあらためて考えさせられたのも、震災からです。

人は、多くの人に支えられて生きているということ。

物事は1+1=2というようにはうまくはいかないこと。

前進しなければ、何もかわらないし、何も見えてこないこと。

”夢を運ぶ仕事”と言っても、綺麗ごとだけでなく、ストレスもたまります。
でも、ストレスがたまらない人っているのかしら。。。なんて思います。

南フランスの青い空

P1030636 

ゴッホも歩いただろうアルルの回廊

P1030638

アヴィニョンのサン・ベネゼ橋、もう一度( AGAIN, PLEASE)と声をかけると、
「アヴィニョンの橋で踊ろよ、踊ろよ・・・」の歌にあわせて橋の上で、みんなが踊ってくれた。

Img_1295_2

そうだ!駄目なら、何度でも繰り返しトライすればいいのだなんて思います。
「おみくじ」も何回かひけば「大吉」がでてくるものねo(*^▽^*)o

来年も、ストレスをためないよう、ときどき”潤滑油”をさしながら、今年以上に素敵なお品をご紹介できれば嬉しいです。

一年間、ご愛顧いただきましてありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

                                8trees 店主

2011/12/28

川越骨董市

年賀状の宛名書きも終え、ポストに投函して、
ひとまず師走の一大行事も完了で、一息入れています。

お掃除も買出しもまだしておりませんが、まだ3日あるし、何とかなると思っています。
酷寒の中、今年最後の骨董市、川越成田不動尊(成田山川越別院)蚤の市に行ってきました。今年最後の骨董市です。

P1040179

和骨董を集めていた頃、この川越の骨董市にもよく行きました。
京都の東寺境内での「弘法市」が毎月21日だとすれば、こちらは毎月28日に開催されます。

規模は100軒あまりだけれども、小江戸と呼ばれている川越、
時、薫る町並みで情緒たっぷりです。

NHKの朝ドラ、連続テレビ小説「つばさ」の舞台にもなりました。

P1040181  P1040178

お正月用の陶器の「段重」を探しに行ったのだけれど、気に入ったものはなかった(;□;)

でも、和洋にも合う粋な染付を見つけ購入。

江戸後期のものらしく、新潟の古いお屋敷からでたものですってヾ(*゚A`)

P1040183

手描きらしい、違いがまたかわいい!

5枚在庫があったけれども、良いのを選んで2枚お買い上げ

お店のご夫婦が一枚3千円を2枚で4千円にしてくれた。m(_ _)m

P1040176

優しい兄さんのブースで見つけた昭和初期の和ガラス

甘くなつかしい雰囲気の乳白ぼかしの氷コップ。

ひとつひとつ微妙に異なる手作りならではの表情の豊かさが魅力。

乳白がピンク色しているのも珍しい!

なんと、3千円を2千5百円に、これは安い(・_・)エッ....? ほんとにいいの?

なんだか、申し訳なくて、大晦日の年越しの漆器のそば猪口も一緒に買った。

人のよさそうな兄ちゃん、東北地方出身で、このそば猪口も

盛岡の古いお家から買付けたと言っていたので、今年最後のアンティーク

東北の人とご縁があって、よかったです。

2011/12/25

器で彩るおもてなし

 

Merry Christmas

最近は家庭料理を作る人が少なくなっています。

私もその一人ですが、やはりどんなお料理も、真心をこめて作る料理は、喜ばれ

ますし、会話もはずみ、おもてなしにはかかせないものです。

簡単なクリスマスのパーティー料理をアンティークの器に載せてみました。

スノーボウルのティークッキークリスマス・キャラメルショートケーキ
イギリスのクリスマスのお菓子です。白い陶器のケーキスタンドに!

Img_5589_2_2

フランスのオバールの陶器プレートに、ナッツやドライフルーツをぎっしり詰めた
モザイックミュレ

Img_5591

脚付きのガラスのコンポートに、簡単にできておいしいトライフル

Img_5599

ロイヤルウースターのココットにピクルスとローストビーフ
フランスのモダンな大皿にキャビア風アボガド添え

Img_5592

ちょっと珍しいカップ型ケーキスタンドにクリスマスのスィートをたっぷりと☆*:

Img_5590_2

小ぶりのゲートレックテーブルの上では、温かなChristmas Tea を入れて

Img_5596_2

まだまだ間に合う、お正月のおもてなし、あなたのセンスでトライしてみてください♪:;;;:♪

2011/12/23

X’mas tea party

新商品のご注文ありがとうございます。

クリスマス寒波の到来です。

我が家では、一足早いクリスマス・ティーパーティーをしました。

今年はティーパティーのセミナーに参加して、色々勉強しましたので、

その研究成果の集大成です。

器はすべてアンティークを使いました。

更新の後ですが、やはりアンティークと付き合う暮らしは楽しいものです。

Christmas_tea_party_2

皆さまもクリスマス・イブを楽しくお過ごしくださいませ。

☆・‥…━━━☆

2011/12/21

2011'yr last renew

今年もあと10日となりました。
2011年最後の新商品のアップをしました。

今年は大震災をはじめ、政治や経済の混乱、低迷など、色々なことがありました。
日本だけでなく、世界の情勢もあいかわらず混沌としているようです。
そのような中にあっても、自分自身や身近な人が、この一年を
無事に過ごせたことに感謝したいものです。

自粛ムードもありましたが、皆さんのご愛顧のお蔭で、
今年もたくさんのお品をご紹介させていただきました。

“ありがとうございます”

2011年の更新はひとまず今回で終了します。

どうぞ、ごゆっくりとご覧になって、今年最後のお買い物を楽しんでくださいませ。

111221present

                                  8trees  店主

2011/12/20

自分へのご褒美に

今年は大震災をはじめ、政治の混乱、日本経済の不安定、色々なことがありました。
震災を機に家族の絆、地域の絆の大切さをあらためて感じた年でした。

そんな一年の最後の更新ですが、明日21日アップいたします。
昨年も20日に最後の更新をしております。
その時、ご紹介した中で注目度NO.1は天使のシェルカメオブレスレットでした。
覚えておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
高額なお値段にもかかわらず、人気がありました。

今年もそれに並ぶシェルカメオのブレスレットを探してきました。
8個のカメオの女性の顔が彫られていますが、どれも1個1個が違う女性像で、素晴らしいお品です。

New_items

.。.:**:.。..。.:**:.。..。 

こちらはイギリスの画商から買い求めました薔薇の油絵です。
私が絵画が好きで、この画商から2枚の絵を買い求めた中の一枚です。
著名な画家の作品と言うことで、サインが入っています。

Img_5339

一年間の自分へのご褒美に、ぜひお選びください。

..:**:.。..。.:**:.。..。.:**.。:.。..。.

2011/12/19

X'mas present

毎年、12月になると二人の孫娘にクリスマスプレゼントを贈ります。

私には、最近どんな玩具が子供達に人気なのか、さっぱりわかりません。そんなわけで、ここ数年、12月に入ると、何が欲しいのか聞くことにしています。
とにかく、欲しいものがたくさんあるのかコロコロ変わり、すぐに決まらないのがうちの孫娘たち。
先週、やっと決まったようで、「子供たちの欲しいものがきまりましたのでメールします」とママから写メールが送られてきた。

              ニンテンドーDSたまごっちコレクション

Photo_5

               たまもりDXたまもりバッグセット 

Photo_4

玩具の名前も覚えられず、メールをコピーして、夫がこの写真を持って買いにいきました。まだ、気持ちの上ではババアなんて、とんでもないと思っていますが、現実はとてもついていけませんε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

ただ、助かっていることは、孫娘がクリスマスの日に生まれたこと。
この子がお腹の中にいるとき、予定日を過ぎても生まれなかったので、私が「同じ生むならクリスマスの日がいいなぁ」なんてジョークで言ったのが、その通りになったわけ(v^ー゜)ヤッタネ!!

今は、何も言わないが、そのうち、クリスマスプレゼントとバーズデープレゼントの違いに気づき、2個のプレゼントを要求されるかもね。ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

X'mas present,
一年間の自分へのご褒美に・・・

次回の新商品はそんな方にオススメのお品をたくさんご紹介します。
お楽しみに!

2011/12/17

旅のエピソード

昨日は熊本でも雪がチラついたとのこと、お客様のメールで知りました。
九州は、冬でもあたたかいイメージがあって、驚いています。
こちら東京は、冬型の気圧配置で冠雪の富士山がくっきりと見えます。

発送が一段落して、今年最後の更新の準備をしております。
日程はまだ未定ですので、後日お知らせします。

+++

さて、12月の寒い時期になると、50代の初めに頻繁に出かけていたパリのホテルのことを思い出します。勿論一人旅の買い付けです。
ツーリスト・クラスでは、部屋には暖房はあっても冷蔵庫がないのが普通です。
しかし、当時のわたしにとっては、治安さえよければ問題外のことでした。
若いということは、思考力も若いということで、歳とともに、冒険より安全性を求めるようになってきています。

10月のロンドンでのホテル、何年ぶりかでシングルの部屋に宿泊しました。
いつもは、一人の買付けでも料金があまり変わらないのでツイン部屋を選んでいます。
立地条件もよく、清潔な部屋で、バス付きで、テレビも最新式、お値段もリーズナブルな価格でしたが冷蔵庫はやはりありませんでした。
ふと、窓をのぞいてみると、窓枠の下にすこし出っ張ったコンクリートの梁があります。12月のパリでこの梁に冷蔵庫替わりに食べ物を置いて数日、ムシャムシャと食べておりました。

まあ、夢を運ぶアンティーク屋の店主の隠れた一面です(・_・)エッ..ホント..?

P1030968

P1040027

良いことも悪いことも経験しないと、わからないことですし、知られざる旅のお恥ずかしいエピソードも数々あります。
とにもかくにも、今年も6月、10月と2回買付けに行けたことに感謝です。

2011/12/14

師走

お忙しい中、たくさんのご注文、ご来店ありがとうございます。

今年もあと僅かな日々となりました。震災以来、何かが変わり、心と気持ちにずれがあり、言葉ではうまく言えないけれども、昨年の12月とは、ちょっと違う師走なのです。
でも、時間だけは刻々とながれ、何も変わってはいない。

昨年の12月のイギリスは大雪で、アンティークフェアも開店休業状態で、散々なフェアだったらしいです。その前の年の2009年の12月は、私も買付けに行きましたが、12月としては暖冬でした。フェア会場もクリスマスのディスプレイで華やいでいました。↓

P1010530_2

駅からフェア会場までの送迎バスも、こんな風に飾られています。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

P1010553_2

夕方の某TVの天気予報によると、今年は東京でもホワイトクリスマスになりそうだ、といっていましたが、さてどうでしょう!?

2011/12/12

12月の更新

師走になり、一段と気ぜわしくなってきました。
まだ、年賀状書きも始まっていません。これから年末までの忙しさを想像すると、
憂鬱な気持ちになりますが、最近は開き直って、「できることだけすればいいわ」
なんて思っています。

今回も素敵なアイテムをたくさんご紹介しました。
お忙しい時期ですが、ちょっと手を休めてご覧になってください。

+ + +
イギリスでは、今の時期、クリスマス商戦が真っ盛り!
大きな特設会場では、このようにお家をまるごと販売していました。

P1010517

これを置ける家の敷地はいったいどれだけ広いのか・・・と羨ましい気がしないでもありませんが、幸せは大きい、小さいではありません。
真心がこもっていれば、それだけで幸せです。

心も体もまあ~るくなったわたしです(´~`)。゜○

2011/12/10

oldブルーガラスのチョーカー

初雪が降った昨日、吉祥寺で友人とランチを共にしました。
午前中チラチラと雪が舞い、あまりの寒さに白いコートにヒートテック、黒いベレー帽、手袋にマフラーと、コロコロの装いで出かけました。
電車は暖房がしてあり、窓ガラスに写った自分の姿、雪だるまのようで思わず苦笑。
汗だくだくで帰宅するなり、一枚ずつ脱いでいったら、余りの多さにびっくり!
薄くても重ね着はあたたかくなるものですね。

友人は黒いセーターにシンプルなゴールドのペンダントをしていた。
留め口にはキー(鍵)型のパーツがついていて、パーツが前に移動しても、むしろお洒落。
彼女は「安いものよ」なんて言っていたけれども・・・

普段使いのアクセサリーはデザインさえ気に入れば、どんな着こなしもできます。
冬は特に、黒っぽい色の服装が多いので、アクセサリーで変化をつけると、顔も華やかに見えます。

Antique_jewelry_2

イギリスで買付けたオールド・ブルーガラスの短いネックレスです。
スクリューの細工がとても珍しいデザインです。

寒い冬でも、ちょっとしたお洒落をする気持ちを忘れないでくださいね。

2011/12/08

ゴブラン織りのタペストリー

イギリスで見つけたゴブラン織りのタペストリー

昨年の6月、ベルギーに買付けにいきました。ブルージュに行った時、世界のVIPに愛される伝統のあるレース店やゴブラン織りのお店に立ち寄りましたが、アンティークレースは貴重で、珍しいものばかり、おまけに目が飛びでるぐらいのお値段ヾ(*゚A`)ノーノー
機械編みと手編みの区別もできないほどの繊細さ、そりゃ、お高いのも納得です。

ゴブラン織りに関しては、これまた、どれが貴重な織りなのか、イマイチわかりません。
専門店では、希少な高級品は壁に下記のように飾られています。
作品の下には、年代や織り方の説明が記載されています。

P1020319_2 

何種類もの糸で織られているので、確かに貴重なタペストリーだと思いますが、アンティークらしさは感じられませんでした。

ベルギーでの体験は、一年後に花開き、ベルギー製の年代物のタペストリーをイギリスで見つけて来ました。

Img_5023_2

Img_5021 Img_5022

Img_5024_2_2

華やかな宮廷の絵巻です。状態も色目も絵柄もすばらしいです。

いいお品は人から人へと、世界中に受け継がれていくのですね!

ベルギーで織られたゴブランがイギリスから日本へ、

そして貴方のお家に飾られることを、私は望んでいます。

2011/12/06

アンティークのあかり

今年も海外でお世話になった人にクリスマスカードを送りました。

海外に送るクリスマスカードやグリンカードは表書きにChristmas cardと表示すれば、送料がとてもお安いです。イギリスへは110円で、おまけに日本髪を結った舞妓さんの切手を郵便局の窓口で貼っていただいた。
気の利いたはからいだと思った。


我が家の玄関にも、先週大きなクリスマスリースを飾りました。


Xmas_wreath

大震災以来、『祈っている少女』の絵をずっと飾っていたけれど、
クリスマスリースに鎮魂の意味を込めています。

+++

12月も、何だか気忙しくなって来ましたが、更新の準備をはじめています。
メンテナスを終えたアンティークの卓上ランプも4個ご紹介します。
ほっとできる暮らしの風景には「癒しのあかり」があります。
こちらは、イギリスで買付けたランプですが、ベースのスタンドにベネチアガラスが使われています。

New_items_light

新商品には希少なお品でお値段が高めの物もありますので、アップまで、できるだけブログでもご紹介させていただきます。よろしくお願いします。

2011/12/05

X’mas tea seminar

週末、『カリブチャイ』さんのクリスマスティーセミナーに参加しました。

カリブチャイの平木さんとは、6月の買付けで、同じシッピング会社のテントで、ご一緒だったのですが、私は買付けに奔走していて、結局一度も会わないまま帰国したのです。
今回お会いできて、年甲斐もなく思わずハグしてしまいました。

日本紅茶協会認定ティーインストラクターの資格を持つ彼女のオリジナルのブレンドティー、そして、何より家庭的な雰囲気がとても印象的でした。

Christmas_tea_3 

『カリブチャイ』のオリジナルブレンド・ケニヤブレンド・アールグレイなどをベースに、バニラやキャラメルなどのフレーバードティー・さらにオレンジやスパイス類を加えて、オリジナルのクリスマスティーを作ってみました。

平木さんお手製のパーティーのレシピ:
和風ローストビーフ/とりのオープンつくね焼き/も美味しかったです。

Xmas_tea

実は私は、アンティークショップを開設する前の2000年11月に、銀座のリプトン・ブルックボンドハウスでティーコーディネーターの資格を取りましたが、方向が少しそれて、大好きなアンティークの道に進みました。

勤めていた銀行の仕事を終えた後、夜の講習を受けた日もありましたが、途中でギブアップすることもなく、全講座クリアしました。
あの頃は気力も体力もあり、バイタリティーも人一倍あったような気がします。

Tea_coordinator

『カリブチャイ』さんの名前はスワヒリ語(東アフリカの公用語)で「お茶をどうぞ!」と言う意味だそうです。
昔学んだことを思い出し、私も“お茶をどうぞ”と言いたいものです。

人の輪は、小さな夢や希望が何倍にも膨れます。

この満たされた時間や会話は、心の中にいつまでも心地よく残ります。

クリスマスティーセミナーで、わたしはそう感じました。

2011/12/03

ニンジンと杏のピクルス

12月に入り、非常に寒い日が続いています。

皆さんも体調管理に気をつけて、カロチンの多い野菜を食べて元気で過ごしましょう!簡単でヘルシーでおいしい「ニンジンと杏のピクルス」のレシピをご紹介します。

Img_4904_2

☆**☆*ニンジンと杏のピクルス

材料:(6人~7人分)

ニンジン            中2本
杏(ドライフルーツ)      12個
オリーブオイル        大さじ2
リンゴ酢            大さじ1 1/2
三温糖             小さじ2
塩コショウ、シナモン、ディル 適量
クランベリー           少々

作り方:
1.ニンジンは皮をむき薄い輪切りにし、さっと茹で冷ましておく
2.杏は2,3センチにカットする
3.ドレッシングをすべて合わせ(1)と(2)を漬け込んでなじませ、ディルを加えて
  冷やす
  ディルはハーブ科で、ハーブコーナーで販売されている所もありますが、
  なければイタリアンパセリなどを代用してもいいです。
  ちょっとクランベリーの実やグリーンを添えればぐっとクリスマスらしくなります。

Img_4913

さぁ、あなたも作ってみてください。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

2011/12/02

CozyなChristmas Party

ケィティーさん宅の「楽しく過ごすcozyなクリスマス・パーティー」の様子です。

簡単でわかりやすいレシピと、講習、そして試食パーティーとても楽しい時間を過ごしました。

Christmas_party

私は殆ど若い方にまかせて、見ているか、カメラのシャッターを押していました。

Img_4910_2 

ケイティーさんの手際のよさに、参加者は皆さん感心( Д) ゚ ゚

Recipe

ポテト&チキンディバン、ニンジンと杏のピクルス、
エリザベス女王の戴冠式の晩餐会に出されたとか、とにかく人気なコロネーションチキンサラダ・・・
ケイティーさんの手ほどきは、いとも簡単に魔法のように出来上がります。

Christmas_party_recipe

次回はクリスマス・レシピの中から、ヘルシーで簡単な「ニンジンと杏のピクルス」の作り方をご紹介しますね。

2011/12/01

師走

師走のはじまりは、すごく寒いお天気です。
昨日までは、この時期としては暖かな日和でしたが、今日は一変して真冬の寒さで、おまけにシトシトと雨が降っています。
厚いセーターを出して雪だるまのように着膨れしています(*^-^)

今回もたくさんのご注文ありがとうございます。
ショップにはまだ素敵なお品がありますので、ご覧になってください。

さて、先日訪問したケィティーさんのお宅には、玄関のドアをあけると、階段の手すりに、可愛いクリスマスの靴下が飾られていました。
こんなおもてなし、最初からあたたかな気持ちになります。

Katys_home_3

近日中にケィティーさんに教わったクリスマス・レシピの中から、

簡単に作れて美味しい「ニンジンと杏のピクルス」の作り方をご紹介します。

クリスマスの食卓に色鮮やでキレイです。

お楽しみに~♪

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ