« ニンジンと杏のピクルス | トップページ | アンティークのあかり »

2011/12/05

X’mas tea seminar

週末、『カリブチャイ』さんのクリスマスティーセミナーに参加しました。

カリブチャイの平木さんとは、6月の買付けで、同じシッピング会社のテントで、ご一緒だったのですが、私は買付けに奔走していて、結局一度も会わないまま帰国したのです。
今回お会いできて、年甲斐もなく思わずハグしてしまいました。

日本紅茶協会認定ティーインストラクターの資格を持つ彼女のオリジナルのブレンドティー、そして、何より家庭的な雰囲気がとても印象的でした。

Christmas_tea_3 

『カリブチャイ』のオリジナルブレンド・ケニヤブレンド・アールグレイなどをベースに、バニラやキャラメルなどのフレーバードティー・さらにオレンジやスパイス類を加えて、オリジナルのクリスマスティーを作ってみました。

平木さんお手製のパーティーのレシピ:
和風ローストビーフ/とりのオープンつくね焼き/も美味しかったです。

Xmas_tea

実は私は、アンティークショップを開設する前の2000年11月に、銀座のリプトン・ブルックボンドハウスでティーコーディネーターの資格を取りましたが、方向が少しそれて、大好きなアンティークの道に進みました。

勤めていた銀行の仕事を終えた後、夜の講習を受けた日もありましたが、途中でギブアップすることもなく、全講座クリアしました。
あの頃は気力も体力もあり、バイタリティーも人一倍あったような気がします。

Tea_coordinator

『カリブチャイ』さんの名前はスワヒリ語(東アフリカの公用語)で「お茶をどうぞ!」と言う意味だそうです。
昔学んだことを思い出し、私も“お茶をどうぞ”と言いたいものです。

人の輪は、小さな夢や希望が何倍にも膨れます。

この満たされた時間や会話は、心の中にいつまでも心地よく残ります。

クリスマスティーセミナーで、わたしはそう感じました。

« ニンジンと杏のピクルス | トップページ | アンティークのあかり »

my life」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ