« ゴブラン織りのタペストリー | トップページ | 12月の更新 »

2011/12/10

oldブルーガラスのチョーカー

初雪が降った昨日、吉祥寺で友人とランチを共にしました。
午前中チラチラと雪が舞い、あまりの寒さに白いコートにヒートテック、黒いベレー帽、手袋にマフラーと、コロコロの装いで出かけました。
電車は暖房がしてあり、窓ガラスに写った自分の姿、雪だるまのようで思わず苦笑。
汗だくだくで帰宅するなり、一枚ずつ脱いでいったら、余りの多さにびっくり!
薄くても重ね着はあたたかくなるものですね。

友人は黒いセーターにシンプルなゴールドのペンダントをしていた。
留め口にはキー(鍵)型のパーツがついていて、パーツが前に移動しても、むしろお洒落。
彼女は「安いものよ」なんて言っていたけれども・・・

普段使いのアクセサリーはデザインさえ気に入れば、どんな着こなしもできます。
冬は特に、黒っぽい色の服装が多いので、アクセサリーで変化をつけると、顔も華やかに見えます。

Antique_jewelry_2

イギリスで買付けたオールド・ブルーガラスの短いネックレスです。
スクリューの細工がとても珍しいデザインです。

寒い冬でも、ちょっとしたお洒落をする気持ちを忘れないでくださいね。

« ゴブラン織りのタペストリー | トップページ | 12月の更新 »

antique shop 8trees

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ