« 積雪 | トップページ | 結婚記念日 »

2012/01/26

思い出のカフェ・オレ・ボウル

新商品には沢山のご注文ありがとうございます。
先着順でお断りしたお客様、申し訳ありませんでした。
今回はカフェ・オレ・ボウルにご注文が重なりました。また探しては来ますが、本当に状態のいいのが少なくなって来ております。根気よく探しますので、またのご縁をお待ちくださるようにお願いします。

ショップを始めた頃のことを思い出しています。
あの頃は、一年に4回ほどパリに買付けに行っていました。
買付けても買付けても、完売するいい時代で、お値段も1万円以上するボウルもありました。一人の方が何個もオーダーされ、お断りする方の数も半端なものではありません。

今思えば、あの頃はなんだったのだろうかと思います。
「雅姫さん」の影響もあったけれども、ただのブームだけではありません。
売り手も、買い手も、ギラギラと輝いていました。
エネルギッシュな勢いもありました。
そんなに昔のことでもないのに、随分昔のように思えてきます。

Cafe_au_lait_bowl2jpg

2003年7月、パリは猛暑の暑い、暑い夏でした。

背中に背負ったリックの重さ、

こんな素敵なボウルもあったのかと、感無量!!

« 積雪 | トップページ | 結婚記念日 »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ