« ティーボウル | トップページ | お礼 »

2012/02/13

赤いガーネット

明日14日はバレンタインデー、西洋では男性が女性に薔薇の花束や贈り物をする日ですが、日本では女性から男性へ愛を告白してもよいとされ、いつしか日本ではチョコレートが贈られるようになりました。
しかし、最近はそれも一割で、女性同士が贈り物を交換するのが流行になっています。
義理チョコをあてにしていた男性たちも、そろそろ甘い誘惑にバイバイして、
早く本命を見つけることですね (;´д`)トホホ…ハイハイ
そんな意見をしている私ですが、3個もチョコレート買ってきました。
それもこれも日本の経済効果に貢献をしているつもりですが・・・。

本日新商品UPしました。
昨年はお買い求めいただいたお客様にチョコレートのプレゼントをお渡ししましたが、今年はその分、お値段に反映させていただきました。
特にアンティークジュエリーのガーネットは、
通常価格よりかなりお安くご紹介しております。

Valentines_day214

アメリカの開拓者一家が主人公の「大草原の小さな家」で、
ヒロインのローラが恋人マルマンゾから贈られたのは、
小さな赤い、野の花のようなガーネットの指輪でした。
空がガーネットの赤に輝く夕焼けのもと、プロポーズの言葉とともに。

ちょっと体がムズムズするような話ですが、ロマンチックですね!
そんな宝石をめぐるエピソードを思い浮かべながら、
ご覧になってくださいませ。

« ティーボウル | トップページ | お礼 »

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ