« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012/04/30

英国の美しい庭

GW後半は遠出いたしますので、5/4~8日までお休みいたします。
次回の更新は休み明けとなりますので、よろしくお願いします。


さて、もうすっかり日本の生活になり、新緑の風景を楽しんでいます。
4月にお世話になったロンドンの美しい友人の家、外観は150年以上経ているようです。

この地域はロンドンの地下鉄では4ゾーンになり、ロンドンの郊外の高級地となります。
最寄の駅はWoodside park 彼女の家の周りは1億円以上の家々が並んでいますが、家構えにしては家の前の庭が狭く、そこを壊して駐車場にしている家もあります。しかし一方、家の中に入ると、部屋がいくつもあって、さすが日本の家屋とは大違い。

P1040604_3 

それに比べて、裏庭は家が一軒建てられるような広さで、ウッドデッキにはテラス席があり、気持ちよい朝はここで鳥のさえずりを聞きながら、イングリッシュティーと朝食をいただくという、羨ましい話です。


P1040617_2

P1040620_2

ウッドデッキの前の大きなプラムの木には、白い花が満開で、これから実がなり、
秋には大きなプラムがたくさん収穫できるとのことです。
彼女は小まめにプラムジャムを作り、親しい人にあげると言ってました。

庭には日本のたんぽぽチューリップも植えられていました。

England_home

庭は心のふるさとであり、庭が家の一部であるイギリス流の暮らし方。
彼女の生き方を通して、自然体での暮らしが、
ライフスタイルからはじまる家づくりの基本であることのように思えました。


2012/04/29

うまかんべぇ~祭

GWの前半は、汗ばむほどの陽気になり、気温もぐんぐん上がり、紫外線も強く、
一気に初夏のようです。

わが町では28日、29日と第1回東大和市グルメコンテスト
“うまかんべぇ~祭”がすぐ傍の「都立東大和南公園」で開催されました。

出店は20店、料理は全部一品100円~200円、
一食ごとに付いてくるコインをうんめぇ料理に投票するのです。
28日は正午頃、夫と行ったら、完売のお店が続出、お天気もよく人出も超満員。
完売していないお店の前は長蛇の列、
どうにか食べたやまと創作料理同好会変わりすい豚
M・S・J向原親和会じゃがまる君

120429


2日目は、10時スタートに夫を急かし、会場に走らせる(苦笑)
1時間後、携帯で状況を聞き、さぁ会場に出発進行!

ずいきおこわ、かぼBee、大和丼、。。。食べた。食べた。(゚□゚(゚□゚*)

グルメコンテストの優勝は南親会大和丼(唐揚げ丼)=鶏×茶×梅のおいしい出会い。

わが町はマンションの建設ラッシュで新しい市民が増え続けています。
“うまかんべぇ~祭”とは・・・
東大和市のひとの魅力と食文化を活かして、
町を明るく元気にしょうと企画されたグルメコンテストです。
緑多き、公園の中での楽しいイベントはいいですね!

来年はどんな当地グルメが出てくるのか楽しみです。

2012/04/27

空の旅

いよいよ大型連休のスタート
多い人では9連休になりますね!
このお休みを利用して、国内、海外への飛行機のフライトをされる人も多いことでしょう。

そこで、ちょっと聞いて損をしないお話をします。
イギリスへのフライトの所要時間は12時間で、9時間以上のフライトでは、コックピットには三人の操縦士が乗っています。機長の資格を持った人が二人、副操縦士が一人です。
お互い交代で、一人の操縦時間を8時間で収めるように調整しています。

P1040417


パイロットの食事はお客さま用とはまったく別のものが用意されます。
何故かと言うと、パイロットが食中毒にならないようにするためです。
通常パイロットは二人ですから、それぞれの食事が二人分作られます。
この食事は、調理人も別、食材も別、フライパンなどの器具も別なもので作られます。一人が肉ならもう一人は魚という具合です。
こうしておけば万が一、食中毒が発生してもどちらか一人が倒れるだけですみます。

私達の機内食は、機内食の工場で、ハサップ(HACCP)というNASAで宇宙食を作るときの基準を適用しています。
HACCPでは食材の種類や調理施設の管理が厳格に適用されていて、野菜を扱う人は野菜のエリアからほかのエリアには行けず、肉を扱う人は肉のエリアからほかのエリアに行くことができないため、お互い動線が重ならないように設計されています。
多くのエアラインでは様々な方法で安全性が保たれています。


長時間のフライトでは、食事は冷凍または冷蔵されていて、サービスの時間から逆算して解凍されたり、温められたりして提供されるとのことです。
そういう意味で、機内食は特別な食事なのです。



In_flight_meal

上記の内容は現役の機長が書いた文献を参考にしていますが、
何も知らずにいつも乗っている飛行機、本当に謎が多いですね。( ゜Д゜)ハッ!

Heathrow


それでは、皆さんも有意義なGWになりますように !

(写真は4月の渡英時に利用したフライト便、機内食、ヒースロー空港です)



2012/04/26

mistake

沢山のご注文ありがとうございます。
今回はオーダーが重複して、ご希望にお応えできないお客様がかなりありました。
申し訳ありません。
これからも順次、素敵なお品をご紹介しますので、どうぞよろしくお願いします。

さて、今だから笑えるのですが、その場面に直面した時は
とても笑える話ではありませんでした。
買い付けの余韻が冷めないうちに、お話して置きます。


地方の大きなアンティークフェアでは、いつも大きなカートをシッピング会社に用意してもらっています。
広大な会場では私にとって必要不可欠なのです。
私が扱うアイテムは小さくて、軽いものばかりではありませんので、両手を袋でふさいでしまうと、身軽に動きがとれず、その度に、遠くのシッピングの倉庫に戻らなくてはなりません。

P1040472_2


インサイド・ストールのフランスのお店の前にカートを置いて買い物をして、お店をでたら私のカートがありません。
幸いカートの中はホームレスバッグ1個のみで商品は入っていませんでしたが、付近を捜しても見つかりません。
周りの店主も外へ出て探してくれましたが、斜め前に置かれた小さなカートが置き去りにされていたので、みんな「あれじゃないの?」としきり
私は“NO~NO ”しきり・・・

その内雲行きがあやしくなり、小雨がパラつき、会場の黄色い服を着た警備員に連絡。電子手帳で「thief」と引き見せたら、何やら無線で交信  ヤレヤレ ・クマッタネ

「泥棒はもとの場所に必ず戻るって!」思ったもので、
ちょっとドラマの見すぎ(*´ェ`*)

暫くしたら、案の定、私のカートを何食わぬ顔で引いているチョボヒゲを生やしたオヤジが登場 (# ゚Д゚) ムッカー

「どろぼう~」と叫んだので痩せオヤジは、ぽかんとビックリ仰天!
彼は私が叫ぶまで、自分のカートと思い込んでいたのです。

彼のカートは斜め向こうに置かれたテデイベアの袋入りのカートだったのです。
まわりの店主は“mistake”、“よかった!よかった!と言って彼を責めない。
イギリス人やフランス人の店主は穏やかな人ばかり。

大騒ぎした私が穴の中に入りたい気持ちι(´Д`υ)アセアセ

そのうち雨も止み、会場の小路に眩しいほどの太陽がキラキラ。

P1040493

「雨降って地固まる」ってこんなこと。

    antique shop 8trees 

2012/04/24

新商品UP

買い付けから帰国して一週間
寒いイギリスの余韻がまだ冷めないままでの更新となりました。

ようやく6日ぶりに東京も晴天となり、汗ばむほどの陽気となり、
ベランダの手すりにもたれ、階下のなごりの桜を眺めながら、
舞い散る花びらを惜しんでいます。

新商品は20点と少なめですが、今回の買い付けで購入したお品も多く、
きっと、皆様にも気に入っていただけるお品があると思います。

GWの楽しい計画も、それぞれのご家庭であると思いますが、お時間があるときに
ご覧になってくださいませ。


Img_7804_2



水辺には鳥たちがこの陽気に誘われて水遊び、

ちいさな、ちいさな木々にさえも可愛い花を咲かせている。

私達は、イギリスやフランスの景色に憧れつづけているけれども、

こんな美しい国、どこに行っても比べようがありません。

桜は日本で咲いているから、桜であって、

目の前の感動を忘れないでいてほしい。

2012/04/23

グレープフルーツspoon

帰国後、ずっと肌寒く、明日は6日ぶりに関東地方は晴れの予報です。
この間、何とか日差しが明るい間に商品撮影をして、準備ができた20点ほどアップいたします。準備が完了次第お知らせしますので、よろしくお願いします。

イギリスではシルバー製品のカトラリーのアンティークがたくさんあります。
特に、スプーンにいたっては、様々な形、装飾のものがあり、使い方がわからない物まであります。
私も2年前に、先の尖っているスマートなスプーンを見たのですが、それがグレープフルーツのスプーンだと知ったのは一年前です。

10月の買付けでは、シルバーのカトラリーを扱っているショップでは、殆ど見つかりませんでしたが、今回の買付けで、注意深く、意識しながら探していたら、美しい細工のグレープフルーツ用のスプーンをたくさん見つけ買付けてきました。

Img_7675_2 

Img_7679



大体が6本セットで販売されているのが普通ですが、シルバープレートのグレープフルーツのスプーンは他のスプーンとは違い、殆ど未使用なものが多いです。


120423grepefruit_spoon


先が細くなっているので、房から気持ち良いくらいきれいに実が剥がせるのです。
それだけではなく、日本製は先端がギザギザにカットされているので、少し危なげでもあり、こんなに便利だとは思いませんでした。


実用できて、楽しくお食事ができるアンティークは、どれも素晴らしいと思います。
人間は一生【食】と付き合わなくていけないのですからね!

2012/04/22

買い付けitems

時差の関係でしょうか?
昼間うとうとと眠くなり、夜は夕食後、再び睡魔に襲われ、PCに向かっていても爆睡状態です。その後、頭がさえ午前様になることもあります。
やはり、歳には勝てなく、年々買付けも辛くなっていますが、
また、新しい人々、物の出会いもあり、新鮮な気持ちも湧いて来ます。

さて、更新の方も連休前には、一度アップしなければと思っていますが、帰国後、ずっと肌寒く、どんよりした日が続いております。
商品撮影も予定通りにいかず、とりあえず、画像撮影した分を、近日中にご紹介します。

手持ちで持ち帰った分は、小さな物が多く、その数は200点ほどあります。
画像はその一部ですが、ホテルやホールで開催されたフェアで買付けたクォリティー高いお品ばかりです。



New_items



早速、買付けた大量の荷物は船便にて、
6月上旬には東京港に到着するとの報告をイギリスの会社より受けています。
リピーターのお客様も多い当店ですから、珍しいお品をできるだけ探し、提供したいと思っていますから、気長に楽しみながらお買い物をされてくださるようにお願いします。


2012/04/21

英国food紀行

買い付けの旅で、一番、苦労するのは、やはり食べ物です。
出発前に、イギリスに行けば英国料理を・・・と話していましたが、
現実、何日も同じような食事では飽きもします。
もっと美味しいものが、たくさんあるのでしょうが、メニューを選択する語学力もなく、またボリューもわかりません。
そんな中での私のフード紀行です。

ロンドンのキングス・クロス駅から地方の町に移動した日、折りしもイースターで日曜日でもあり、スーパーはどこも閉まっていて、
オープンしていた小さなスーパーで、パン、果物、野菜、水を購入して、いよいよ明日の大きなフェアに備え、ロッジで過ごすことにしました。

Food_trip



日本から持参した小豆入りのお粥とシーチキンの缶詰は、小腹の時は重宝します。

フェアの会場にあるファストフードのワゴン車のハンバーガーなどは、どれも似たりよったりで、美味しくありません。

地方のロッジで宿泊した5日間は、ろくなものは食べておらず、唯一ロッジの玄関先で知りあったイギリス滞在25年のシッパーさんとロッジの近くのレストランでサラダとラザニアをシェアして食べたくらいかなあ!

ロンドンに戻っての食事に期待しながら、私はもくもくと物探しに歩きます。

Antique

こんなレアなブラウン色のクロテッドクリームボトルを見つけ

思わず笑顔がこぼれる。

2012/04/19

リニューアル・ロンドン

ロンドンオリンピックをひかえ、ロンドンの街は新しい建物が建築され、

またリニューアルされています。

今回、ロンドンで宿泊したホテルは、大英博物館のすぐ傍、

正面入り口を入ると、ガラス天井に覆われたグレート・コート

ドーナツ状の空間が広がります。

グレート・コートのオープンにより、館内の流れがよりスムーズになっています。

Photo

P1040572 

入場料は無料ですが、気持ちだけの寄付箱が設置されています。

(木~金曜)は夜8時半まで開館されていますから、

2000年にリニューアルされた大英博物館も一見の価値があります。

* * *

地方の買付けで毎回利用するキングス・クロス駅

全世界で大ヒットとなったハリー・ポッターシリーズ

ホグワーツ魔法学校への出発時に登場したのがこの駅。



Photo_2

スコットランド東部地方、ヨーク、エディンバラ、

ケンブリッジなどのイングランド北部地方に行くには、この駅を利用します。

ユーロスターのセント・パンクラス駅もすぐそばに隣接しています。

ロンドンオリンピックの為に新たに増築されたドーム型の駅

イギリス人はどうもドーム型がお好きらしい!

 

2012/04/18

買い付けの旅

昨日帰国しました。

イギリスは3月の暖かな天候とは一転して、とても寒かったのですが、時折シャワーがあるくらいで、お天気は比較的良好でした。
4月は【April Cold】と呼ばれるほど、寒いようなので、まんざら異常ではなさそうです。

それでもカントリーサイドは綺麗な花が咲き、丘陵には羊が放牧され気持ちよさそうです。

P1040526


今回もイギリス中部の2つの大きなフェアに、地方のケルハムホールやホテル内のアンティークフェアなどに行きました。
またロンドンではヴィンテーンジフェアや、久しぶりにエンジェル&コベントガーデンのアンティークマーケットにも足を運び、たくさんの素敵なアンティークを買付けてきました。

一連の買い付けも終わりに近づいた週末に、イギリス在住の日本人の素敵なお家に招かれ、英国料理をいただき楽しい一時を過ごしました。
築150年以上経ている、庭も家の一部という考え方の英国的な空間のお家を、このブログでもご紹介しますので、楽しみにご覧になってください。

P1040616

一人でのハードな日程で、かなり気を張っての買付けでしたから、疲れもあります。
持ち帰った分もたくさんありますが、もう少し休養してから、更新の準備に取り掛かりたいと思っていますので、今しばらくお待ちくださるようにお願いします。



* * *

2012/04/05

買い付け

気温が上がり、いっきに桜が開花して、夕方には5分咲きまで花が開きました。
美しい桜を見て、イギリスへの買付けに旅立ちます。

ロンドンからの情報によると、先週まではポカポカと気持ちの良い、春の陽気だったようですが、今週は少し寒くなったとのことです。
日本と同じような気候なので、それほど体には影響しないと思っていますが、体調管理に気をつけて、楽しく有意義な買付けをしたいものです。

いい出会いやご縁を信じて、たくさんの収穫があることを祈っています。
お休み期間中はご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。


2012/04/04

英国料理

昨日の暴風雨、こちらの地域では台風並みの最大風速38.5メートルを記録しました。首都圏は帰宅通勤者の時間帯でしたので、大変な影響がありました。

西から東へと前線が通り過ぎ、北陸では橋の上で大型トラックが横転したのは驚きです。
すごい風だったのですね!

さて、わたしはやっとイギリス行きの準備に取りかかりました。
今回もプライベートな時間は殆どないのですが、唯一の楽しみはロンドン在住の知人に、夕食に招かれ、手料理の英国料理、ベイクドポテトをご馳走になることです。

英国料理は昔はまずいなんて言われていましたが、段々味も工夫されて、私は美味しいと思っていますが、そのボリームが日本人にはかなりきついです。
渡英する度に、ポテトはどんな形であれ、食べています。

【ベイクドポテト】はジャガイモを焼き上げた料理で、中にバター、チーズ、ハム、または鶏肉などの詰め物を入れ料理する簡単な料理ですが、日本の【じゃがバター】と同じで、上手に焼くと中がほくほくして表面がカリカリになり、とてもおいしいです。


Bakedpotato0404  

イギリスでは皮がついたままのベイクドポテトをジャケットを着ているように見えるので、ジャケットポテト(jacket potato)と呼ばれることもあります。

日本はどの国と比べても美味しいものがたくさんありますが、イギリスに行けば、ご飯、梅干を持っていくのではなく、英国の伝統的な味を満喫しましょう。

2012/04/02

桜の開花

3月は特別寒い日本でしたが、4月になりようやく桜の蕾も膨らみ始め、春めいてきました。
やはり日本は富士山と桜ですね。
日本を発つ前に桜の開花も見られそうです。
先日、奈良のお客様から、知る人は知る大人気の【イコマラムネ】が届きました。
中をあければ、レインボー色のラムネ菓子。


Img_7598_4
1個、また1個と口にほうばって、

口に含めば甘酸っぱい昔のラムネ菓子の味がいたします。


この【イコマラムネ】早朝から並ばれて購入された貴重なお菓子なのです。
メールによると

「実は、昨日がイコマラムネの次回予約販売日でした。(予約するだけです)
会場は自宅からわりと近く、並んで受付ができれば必ず買えます。
はがきでの抽選はすごい倍率みたいです。
そんなので朝早くから娘を連れて並びに行ってきました。
配送、引き取り各500人までは12袋買えるのですが、
着いたときにはすでに長蛇の列…微妙なラインか…

どこかのネズミの国さながらに進み、受付にたどり着きましたが
やはり、もらった番号は配送515番。あと一歩!でした。
まあ、それでも6袋買えるんですけどね。

私がここに越してきた頃は、お店で買えたし、ネット販売もしていたんですよ。
雑誌に紹介されてから、製造が間に合わなくなって、今のような
予約販売になったみたいです。。。」

なるほど・・・・
私もネットで【イコマラムネ】検索してみたら、同じようなことが書かれていた。
近所の人や宅急便の兄ちゃんにもおすそ分け。
Img_7600
 
お客様のお心遣いに感謝しながら日本の春を感じています。
 

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ