« spring time | トップページ | 英国料理 »

2012/04/02

桜の開花

3月は特別寒い日本でしたが、4月になりようやく桜の蕾も膨らみ始め、春めいてきました。
やはり日本は富士山と桜ですね。
日本を発つ前に桜の開花も見られそうです。
先日、奈良のお客様から、知る人は知る大人気の【イコマラムネ】が届きました。
中をあければ、レインボー色のラムネ菓子。


Img_7598_4
1個、また1個と口にほうばって、

口に含めば甘酸っぱい昔のラムネ菓子の味がいたします。


この【イコマラムネ】早朝から並ばれて購入された貴重なお菓子なのです。
メールによると

「実は、昨日がイコマラムネの次回予約販売日でした。(予約するだけです)
会場は自宅からわりと近く、並んで受付ができれば必ず買えます。
はがきでの抽選はすごい倍率みたいです。
そんなので朝早くから娘を連れて並びに行ってきました。
配送、引き取り各500人までは12袋買えるのですが、
着いたときにはすでに長蛇の列…微妙なラインか…

どこかのネズミの国さながらに進み、受付にたどり着きましたが
やはり、もらった番号は配送515番。あと一歩!でした。
まあ、それでも6袋買えるんですけどね。

私がここに越してきた頃は、お店で買えたし、ネット販売もしていたんですよ。
雑誌に紹介されてから、製造が間に合わなくなって、今のような
予約販売になったみたいです。。。」

なるほど・・・・
私もネットで【イコマラムネ】検索してみたら、同じようなことが書かれていた。
近所の人や宅急便の兄ちゃんにもおすそ分け。
Img_7600
 
お客様のお心遣いに感謝しながら日本の春を感じています。
 

« spring time | トップページ | 英国料理 »

my life」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ