« うまかんべぇ~祭 | トップページ | Victorian Tea Cup »

2012/04/30

英国の美しい庭

GW後半は遠出いたしますので、5/4~8日までお休みいたします。
次回の更新は休み明けとなりますので、よろしくお願いします。


さて、もうすっかり日本の生活になり、新緑の風景を楽しんでいます。
4月にお世話になったロンドンの美しい友人の家、外観は150年以上経ているようです。

この地域はロンドンの地下鉄では4ゾーンになり、ロンドンの郊外の高級地となります。
最寄の駅はWoodside park 彼女の家の周りは1億円以上の家々が並んでいますが、家構えにしては家の前の庭が狭く、そこを壊して駐車場にしている家もあります。しかし一方、家の中に入ると、部屋がいくつもあって、さすが日本の家屋とは大違い。

P1040604_3 

それに比べて、裏庭は家が一軒建てられるような広さで、ウッドデッキにはテラス席があり、気持ちよい朝はここで鳥のさえずりを聞きながら、イングリッシュティーと朝食をいただくという、羨ましい話です。


P1040617_2

P1040620_2

ウッドデッキの前の大きなプラムの木には、白い花が満開で、これから実がなり、
秋には大きなプラムがたくさん収穫できるとのことです。
彼女は小まめにプラムジャムを作り、親しい人にあげると言ってました。

庭には日本のたんぽぽチューリップも植えられていました。

England_home

庭は心のふるさとであり、庭が家の一部であるイギリス流の暮らし方。
彼女の生き方を通して、自然体での暮らしが、
ライフスタイルからはじまる家づくりの基本であることのように思えました。


« うまかんべぇ~祭 | トップページ | Victorian Tea Cup »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ