« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012/05/28

special sale up

いい季節を迎えていますが、大気の状態が不安定で、ここ多摩地方も午後2時半ごろ突然の落雷と激しい風雨、まるで嵐のようでした。
部屋から見ると雨が白線のように見えました。今年はこのような現象がよく起こります。
上空の寒気が原因らしいようですが、これも地球温暖化の影響でしょうか?
先日、金環日食で天体の神秘を体験したばかりなのに、
地球もまだまだ未知の世界なのですね!

本日セール品アップしました。
半期に一度のたいへんお得なセールです。
毎回、好評で、たくさんのお客様に喜んでいただいています。
どのお品もかなりお安い価格にしておりますので、日頃気になるお品がありましたら、この機会にご検討くださいませ。

よろしくお願いします。


0529sale_start

2012/05/26

セール開催近し


寒暖の差はありますが、このところ爽やかなお天気が続いています。
当店では日頃セールはしておりませんが、半期に一度、大幅なセールを開催しています。

毎年1月の新春と6月のサマーセールを兼ねた時期ですが、お客様にもたいへん好評で、皆さまに喜んでいただいています。
今年も、6月に入ってからと思っていましたが、6月上旬に船便の荷物が東京港に到着します。その関係で、少し早めにセールを開催することになりました。

詳細は後日、メルマガ(8trees News)でいち早くお知らせします。
またトップページのinformationでもお知らせします。
日ごろ気になるお品がお買い得価格になりますので、楽しみにお待ちくださいませ。

+++

6月のイギリスはエリザベス女王ダイヤモンド・ジュビリー即位60周年記念行事で、パレードやイベントがあり、お祝いの休日となります。
アンティークフェアはロンドンオリンピックが閉会する8月まで不定期の開催、もしくわ中止となり、連休の間はショップもお休みとなり、国家の一大行事が中心となります。

イギリスは観光客で込み合い、ロンドン市内は大変な人口になることでしょう!
この期間は私は日本にいて、到着した素敵なアンティークの数々をご紹介していきますので、よろしくお願いします。

England_antique_fair


何度行っても、行く先々には、新しい出会いと、発見があり、イギリスの魅力にはまってしまいます。日本より小さな国土と人口なのに、どこを旅しても絵になる風景があります。

それは新しいものと、古いものとがうまく調和しているからだと思います。



2012/05/24

イギリス編 “りこうな愛犬”

日本でも愛犬家が増えています。
公園で犬を連れて散歩している人の姿が多くなる朝夕、吠えているワンちゃんは1匹もいません。しつけがよろしいのか、今のワンちゃんは吠えないのか?
イギリスでも同じで、ご主人さまが働いている間は静かに待っています。

P1040500

私がお世話になっているシッピング会社のスタッフ、アンディーの愛犬2匹。
倉庫の隅っこでおとなしくしています。

P1040587


こちらはロンドンのアンティークマーケットの店主の愛犬
ストールの下に隠れて番犬しています。


Me_and_pet_dog_2


ロンドンでお世話になった友人の愛犬ミミちゃん
ミミちやんの好物はチキンのオープン焼き!

すっかり気に入られたのか、私のふくよかなお腹の上でスヤスヤとお寝んね。
時刻は午後の10時をまわり、私もすっかり8時20分の顔になっています(u_u。)ハズカシイ

2012/05/23

キャス・キッドソン~秘密の庭~*

昨日は冷たい雨、東京スカイツリーの開業日です。
わたくしはスカイツリーは行っておりませんが、渋谷の新名所「ヒカリエ」に行ってきました。
ここも凄く込んでいて、お食事処はどこも行列・・・
さすが、東京の人口の多さを感じました。

たくさんのご来店ご注文ありがとうございます。
数点にオーダーが集中しまして、ご希望にお応えできなかったお客様申し訳ありません。
エンジェルスタンプはモチーフ違いで、あと数個買付けています。
またご紹介しますのでよろしくお願いします。

さて、今日は昨日と一転していいお天気になりました。
ベランダの薔薇が満開になり見ごろを迎えています。


先日の「国際バラとガーデニングショウ」
シンボルガーデンの「キャス・キッドソンの秘密の庭」
何とも謎めいたテーマですが、バラのモチーフが印象的なキャス・キッドソン。
当店でも6年前キャス・キッドソンの布をご紹介しました。
キャスのイメージは世界で羽ばたいています。


Cath_kidstonCath_kidston_garden




彼女の発想が生まれるコッツウォルズの庭のエッセンスの香りに浸りながら、
ご覧になってください。




2012/05/21

新商品のUP

今朝の金環日食は、932年ぶり広域ショーとのこと。
この日のために、一週間前に日食グラスを買いましたが、天気予報がよくなく、
半ば諦めていました。
ところが今朝目覚めて東の空をながめると、雲間からお日様が顔を覗かせているではありませんか。ラッキーとかいいようがありません。

7時30分から7分間ほど、金色に輝くリングをしっかり見ました。
今後、見る事ができない金環日食、観察できてよかったです。


今日21日、新商品アップしました。
久しぶりに家具も更新しました。
どうぞ、お時間のあるときにご覧んになってください。
また、今回はプレゼントも用意しています。
DIAMOND JUBILEE DEFINITIVE STAMPSの詳細ページを作成しましたので、TOPページからお入りください。

風薫る5月 皆さまのご来店をお待ちしています。



Cid_image001_jpg01ccfbba_3


2012/05/20

国際バラとガーデニングショウ

先週は連日出かけて、ちょっとグロッキー気味のわたしですが、
明日予告通り新商品アップします。
準備が完了しましたらお知らせします。よろしくお願いします。



昨日の土曜日、西武ドームで開催されている「国際バラとガーデニングショウ」に行ってきました。我が家からすぐ近くのバス停から西武球場行きの直通バスがでています。
本当に遠方からお越しの方には申し訳ないくらい近いです。

バラと共に素敵な暮らしがはじまることを願って、
国際薔薇とガーデニングショウの魅力をお伝えします。

今年のみどころは「ベルサイユのばら」「キャス・キッドソンの秘密の庭」



入り口を入れば
「天使の舞い降りるローズアベニュー」


P1040799

池田理代子さんの作品連載から40年、

いまだに人々の胸を熱くする「ベルサイユの薔薇」

フランスのバラの名門メイアン社がつくる、

もう一つの「ベルサイユのばら」世界初公開です。

ビロードのような深紅のバラ、愛と情熱のバラ、それは「ベルサイユのばら」

Photo



薔薇だけではなく本当に素敵なお庭に魅了されました。
やはり、お花がそばにあると癒されますね!
次回はイギリスのキャス・キッドソン(クリエイティブディレクター)の秘密の庭
その魅了をお伝えします。
・・・・・つづきは新商品アップのあとになります。




2012/05/19

吉祥寺でライチタイム


このところ初夏のようなちょっと汗ばむような日が続いています。
このさわやかな陽気に誘われて、毎日出かけています。

先日は吉祥寺在住のお客様のKさんに誘われて、素敵なフレンチレストランに行ってきました。吉祥寺の街はいつ行っても新しいお店ができていて新鮮な感じがします。小さな可愛い雑貨さんや、花屋さん。。。

北口の「パルコ」のショーウィンドーには、可愛い花柄のバックや小物。
ここにも、イギリスの人気ショップ「キャス・キッドソン」のショップが進出しています。もう、海外に買い物なんていう時代ではないのかも知れませんね!

今回ランチをいただいたレストラン、Lieu de commencer(リュ ド コマンセ)
オープンしてまだ一年も満たないレストランですが、人気のお店で予約しないと満席です。
藤村学園のこのあたり、10数年前、わたしがぶらついていた頃は、何もない閑寂なところだったのに、随分と新しいお店が増えています。
Kさんのお家はここから、目と鼻の先・・  うらやましい!!

P1040788


白と黒のモノトーンの素敵な空間で、

アンティークや買い付けの旅の話を交わしながら、

楽しい時間は早くすぎて・・・

Lieudecommencer


ランチの後は、彼女に案内され、最近openした素敵な花屋さんにぶらり

可憐な花がまたココチいい。

Photo

お土産にいただいた「陸乃宝珠」

翠玉の一粒はマスカットの皮がはじけるような爽やかな味わいでした。

きょう一日に感謝して、ごちそうさま。

2012/05/17

ジョージアン様式の椅子

次回は久しぶり家具を数点ご紹介します。

アンティークフェアでは、椅子はたくさんありますが、状態のいいもの、シェーブが美しいものが簡単に見つけられるわけではありません。

シャビーぽい家具ほど、そこらのカジュアルピッチで雑多に置かれていますが、
椅子は座るためにあるもの。
しっかりと安定した長く安心して使えることが必要条件です。

家具には年代と共に、その当時流行した様式があります。
たとえば、イギリスの代表的な様式にはクィーンアン様式、ジョージアン様式、ヴィクトリアン様式があります。

それぞれ特徴がありますが、今回ご紹介の椅子はジョージアン様式で、私が最も好きなスタイルです。1714年~1820年頃、ジョージ一世、二世、三世統治時代の建築家具の様式で、イギリス家具の黄金時代が築かれました。

ロンドンの街やイギリスの観光地を歩いているとジョージアン様式の建築物がたくさんあります。ロンドンでは「スクエア」と呼ばれる四角い広場があり、私がよく宿泊する大英博物館周辺のベッドフォード・スクエア界隈にはジョージアン様式の建物が軒を連ねていて、見応えがあります。


Antique_chair_2 


中央の丸テーブルはクィーンアン様式で、アン女王時代の曲線的で典雅なものです。ジョージアンスタイルの椅子は左右対称の(シンメトリー)が特徴でとても美しいです。

Photo



4脚ご紹介しますが、座面布もすべて柄あわせがしてあり、素晴らしいチェアです。自宅サロン、教室をされている方は勿論のこと、そろそろ椅子の買い替えを希望されているお客さまには是非お勧めします。

2012/05/15

女王の「ダイヤモンド・ジュビリー」

    

            女王の「ダイヤモンド・ジュビリー」
             即位60周年記念式典開催


Photo_2
ウイリアム王子とキャサリン妃の結婚で、改めて世界中から大きな注目を集めた英王室ですが、大規模な王室行事が控えています。
エリザベス女王の即位60周年を記念する「ダイヤモンド・ジュビリー」の祝賀式典には、既に様々なプログラムが計画されており、ロイヤル・ウェディングにも劣らぬ華やかなイベントになりそうです。


Jpg_3
天皇陛下は5月16日からのイギリス訪問にあたり、感想を発表し、2012年に即位60周年を迎えられるエリザベス女王が主催する昼食会で、女王ほか、各国の君主との再会を楽しみにしている気持ちを示されておられます。
また、天皇陛下は1953年、エリザベス女王の戴冠式に出席した当時を「楽しい時間を過ごすことができました」とふり返られている。
陛下がご健康になられ、渡英されることを、同じ皇室を持つ私達国民は本当に嬉しく思っています。

私は数え切れないほどイギリスの地を訪れ、沢山のアンティークを日本に運んで来ております。その中には、イギリス王室にまつわる物も少なくありません。
イギリスでは王室への関心は高く、王室と共に歩んで来たと言っても過言ではありません。

4月のロンドンでは、すでに女王の「ダイヤモンド・ジュビリー」即位60周年を記念したグッツもたくさん販売されていましたが、
数ヶ月前から英国POST OFFICEで予約して、
Jubilee Definitive Presentation park (切手シート)30組、入手しました。


Jubilee_definitive_presentation_p_3



次回の更新~6月にかけて、何らかの形でプレゼントしたいと考えています。
詳細がきまりましたら、TOPページ及びブログでもお知らせします。




2012/05/13

Thanks Mother


「母の日」

おかあさんありがとう

子供が照れくさいように、いくつになっても言葉で言うのは恥ずかしいものです。

小学生の男の子が自転車のハンドルの手にカーネーションの花を握りしめて、
家路に急ぐ姿に、ほろりとする。

私も先日帰省した際に、早々とプレゼント渡してきました。
何をあげたら喜んでもらえるのか、迷う歳になってしまった母ですが、それでもお洒落したいと思う気持ちは変わらず、着やすいオーバーブラウスが気に入ったようです。

私は私で、二人の息子からプレゼントが届きました。
長男からは、「タニタの体組成計」
次男からは、「UV手袋スカイボイル」


Mothers_day0513


体組成計は従来の体重計とは違い、体脂肪率や筋肉量も測れるので、いつまでも健康でいられるように、活用したいです。
これからの季節、紫外線に弱い私にはUV加工手袋は欠かせない必需品なので、嬉しいです。

巣立っていった子供達ですが、いつも“Thanks Mother”と言われる母でいたいです。


2012/05/12

富貴の森

木曽路の温泉宿はホテル「富貴の森」

GWは超満員だったホテルも、連休あけは宿泊客も僅かで、ホテルを独占したような気分だった。

夕食の前に、温泉に入り、楽しみの夜の料理、山の幸、川の幸。。。
木曽地方の厳選された食材を使った自然の幸に感激。

お食事処の部屋の障子戸からはライトアップされた「花桃」が暗闇の中に幻想的に浮かぶ。



P1040735_2


ここ富貴の森の「花桃」はドイツ、ミュンヘンの苗木を、木曽路の気候とよく合っているとのことで、先代の社長が植林されたそうです。
また、「花桃」は1本の木からピンク、白、赤い花が咲くと言う不思議な木です。


ラウンジから、お花見を楽しみながら、飲むラベンダーティー・ハーブティー


P1040744

部屋のバルコニーからみる新緑が眩しかった。

P1040750

次の日の中日新聞にこのホテルの前の「花桃」の記事が掲載されていた。
作務衣を着た支配人のコメントと共に。


P1040762

見頃は毎年、4月下旬~5月上旬だけれども、今年は中旬まで楽しめます。
そして、穴場は連休明けがベストです。

夜は露天風呂で星空を眺めながら、ゆっくりと・・・
今夜は月夜で満天の星は見えなかった(´・ω・`)ザンネン
それにしても、人気なしの露天風呂、もののけが出てきそうで、不気味な恐怖⊂⌒~⊃。ビクビク こわい~よう!

2012/05/11

花まつり



連休後の更新にもかかわらず、たくさんのご注文ありがとうございます。
これからは6月の船便の荷物の到着、搬入ぐらいで、9月までは長いお休みはありません。できるだけ順次ご紹介して行きますので、長い目でお付き合い願えれば嬉しいです。

木曽路の花たより~①

木曽路の宿場町には5月8日に「花まつり」があります。
私の故郷では4月8日が
花まつりで、お釈迦さまの御誕生をお祝いする行事です。
幼い頃、お寺で御釈迦さんを飾り、あま茶をお釈迦さんの頭からかけて、その後、お菓子がもらえるので、花祭りは楽しみでした。

ここ木曽路の宿場町、馬籠、妻籠、奈良井宿の「花まつり」は5月8日で1ヶ月遅れです。それも軒先に野の花を飾るというシンプルなものですが、古い格子戸に、すごく調和して、本当に風情を感じます。

P1040767_2

.

0508

.

昔はもっと華やかだったそうですが、それでも充分楽しめます。
「五平餅」を食べながら、宿場町を歩きましょう!

2012/05/09

5月の更新スタート


GW中はお休みをいただき、ご不便をおかけしました。
今日からショップは営業しております。
20点新商品更新しました。
連休後で皆さんもお疲れと思いますが、ご覧になってくださいませ。

休暇中は祖父と父の法要で帰省し、ついでに京都と木曽路を旅してきました。
法事では母方、父方の「いとこ」が集まり、10年以上会っていない従兄にも会い、
思い出に浸り、93歳の母もとても喜んでいました。

関東ではゴールデンウィーク後半は大気の状態が不安定で、大雨、竜巻、ヒョウの被害があり、心が痛みましたが、私達の旅路は比較的お天気に恵まれました。

夫も私も学生時代を共に過ごした京都の町中や鴨川沿いをずいぶんと久しぶりに歩き、レトロな喫茶店でコーヒーを飲み、大学時代にタイムスリップしたようでした。

 

P1040694

P1040693_3


木曽路では、ちょうど満開だった「花桃」が名物の温泉に1泊して、
中山道の馬籠、妻籠、奈良井の宿をぶらり散策
いつまでも変わらない歴史の古道、清流の渓谷、懐かしさと温もりの旅でした。

P1040748


木曽路は皆さんにオススメの場所もたくさんありました。
また、このブログでもご紹介したいと思っています。

買い付けの旅では海外の古い街並みを何度も訪れていますが、
日本の古都や中仙道の宿場町、日本の美】すばらしいものがあります。

私たちの宝として、大切に受け継いでいきたいものです。

2012/05/02

Victorian Tea Cup

ある晴れた日、宿泊しているロッジからホテルでのアンティークフェアに初めて行きました。
本当に童話に出てくるような小さな可愛いホテルです。
お天気がいいので、ホテルの前のテーブルで皆さんTea&Coffeeでおしゃべりしています。

P1040506_2

ホテルのロビー近くでは、少女(Lucie)が2ポンドで自分の持ち物を販売していた。
お小遣にするのかなあ?
(後方の品のない叔父さんは見ないでね!)苦笑

P1040504_2


このフェアは少々お値段は高いですが、いいお品が沢山並んでいました。

私はここで、捜していたヴィクトリアンのティーカップを見つけ、

あまりの嬉しさにロッジに戻り、早速写真を撮りました。

1205toriotea_coffee


ヴィクトリア時代(1837ー1901)
の初期にかけてのトリオで、めったに見つかりません。
その大きな特徴は、カップの外側は白地をベースにシンプルな絵付け、
これとは対照的に内側は華やか。

素地は厚手でぽったりとしているがポーセリン(磁器)です。
最大の特徴は紅茶とコーヒーのカップに対してソーサーが1枚しかなく、3点で1セットすなわちトリオになります。

1205toriotea_coffee_2jpg

単品ではありますが、このような素敵なティーカップの出会いは旅の疲れを癒してくれます。
只今、航海中のこのお品、無事到着しましたら、ご紹介しますので、
楽しみにお待ちくださいネ。

 

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ