« 花まつり | トップページ | Thanks Mother »

2012/05/12

富貴の森

木曽路の温泉宿はホテル「富貴の森」

GWは超満員だったホテルも、連休あけは宿泊客も僅かで、ホテルを独占したような気分だった。

夕食の前に、温泉に入り、楽しみの夜の料理、山の幸、川の幸。。。
木曽地方の厳選された食材を使った自然の幸に感激。

お食事処の部屋の障子戸からはライトアップされた「花桃」が暗闇の中に幻想的に浮かぶ。



P1040735_2


ここ富貴の森の「花桃」はドイツ、ミュンヘンの苗木を、木曽路の気候とよく合っているとのことで、先代の社長が植林されたそうです。
また、「花桃」は1本の木からピンク、白、赤い花が咲くと言う不思議な木です。


ラウンジから、お花見を楽しみながら、飲むラベンダーティー・ハーブティー


P1040744

部屋のバルコニーからみる新緑が眩しかった。

P1040750

次の日の中日新聞にこのホテルの前の「花桃」の記事が掲載されていた。
作務衣を着た支配人のコメントと共に。


P1040762

見頃は毎年、4月下旬~5月上旬だけれども、今年は中旬まで楽しめます。
そして、穴場は連休明けがベストです。

夜は露天風呂で星空を眺めながら、ゆっくりと・・・
今夜は月夜で満天の星は見えなかった(´・ω・`)ザンネン
それにしても、人気なしの露天風呂、もののけが出てきそうで、不気味な恐怖⊂⌒~⊃。ビクビク こわい~よう!

« 花まつり | トップページ | Thanks Mother »

season」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ