« 英国の美しい庭 | トップページ | 5月の更新スタート »

2012/05/02

Victorian Tea Cup

ある晴れた日、宿泊しているロッジからホテルでのアンティークフェアに初めて行きました。
本当に童話に出てくるような小さな可愛いホテルです。
お天気がいいので、ホテルの前のテーブルで皆さんTea&Coffeeでおしゃべりしています。

P1040506_2

ホテルのロビー近くでは、少女(Lucie)が2ポンドで自分の持ち物を販売していた。
お小遣にするのかなあ?
(後方の品のない叔父さんは見ないでね!)苦笑

P1040504_2


このフェアは少々お値段は高いですが、いいお品が沢山並んでいました。

私はここで、捜していたヴィクトリアンのティーカップを見つけ、

あまりの嬉しさにロッジに戻り、早速写真を撮りました。

1205toriotea_coffee


ヴィクトリア時代(1837ー1901)
の初期にかけてのトリオで、めったに見つかりません。
その大きな特徴は、カップの外側は白地をベースにシンプルな絵付け、
これとは対照的に内側は華やか。

素地は厚手でぽったりとしているがポーセリン(磁器)です。
最大の特徴は紅茶とコーヒーのカップに対してソーサーが1枚しかなく、3点で1セットすなわちトリオになります。

1205toriotea_coffee_2jpg

単品ではありますが、このような素敵なティーカップの出会いは旅の疲れを癒してくれます。
只今、航海中のこのお品、無事到着しましたら、ご紹介しますので、
楽しみにお待ちくださいネ。

 

« 英国の美しい庭 | トップページ | 5月の更新スタート »

antique」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ