« イギリスのfood | トップページ |  知覧茶 »

2012/06/12

屋台のfood

東京港に昨日船便の荷物が到着しました。

今週中にお天気の様子をみて、荷物を搬入する予定でいます。

6月の下旬には新入荷の商品ご紹介しますので、楽しみにしてください。

+++

さて、食べ物の続きですが、どこの国でも観光地にはスタンド(屋台)の食べ物屋さんがあります。ロンドンも例外ではなく、人の集まるところに出没しています。

日本人は潔癖な人が多いので、衛生的によくないのではと思い、敬遠する人が少なくありませんが、お安くて、けっこうおいしい物が多いです。

ロンドンの中心部に位置するCovent Garden (コヴェント・ガーデン)マーケット。
建物の北側にアップル・マーケット、南側にジュビリー・マーケットがあります。
アップル・マーケットは映画「マイ・フェア・レディ」の舞台になった所。
アンティークがお目当てなら月曜日のジュビリー・マーケットにGO!


P1040651_2_5    

私が訪れた日は4月なのに、冬のような寒い日で、先ず着いたら、トイレに走りました。(苦笑) トイレから出たら、そこに東京の知人が立っていてビックリ仰天。

とにかく寒くてあったかいものが食べたいけれども、どこも屋根がある飲食店は込んでいて、ふと、階下を見下ろすと、パエリヤの美味しい香りに誘われて行列の最後尾に並ぶ。

大きなお鍋には温かな湯気があがり、ここを逃したら昼食は暫くおあずけのような予感がして、ミディアム(中くらい)を注文する。



Stand_food_5   

スペイン風のサフランの炊き込みご飯に、大きな鶏肉や各種の魚介類や赤いパプリカなどの野菜が入っていて、その上に好きなだけレモンを絞っていただくのです。このパエリヤ、本場スペインで食べたものより美味しかった。
テーブルの相席には中国人の家族連れの観光客がいて、彼らも満足げだった。

ちょうど、その時、携帯の着信音がなり、
東京で留守番をしている夫から「元気でいるか?」と、二週間ぶりの声。。。
さくら咲く、日本が恋しくなる。

まもなく私は帰国しました。

« イギリスのfood | トップページ |  知覧茶 »

trip」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ