« ドクダミ(十薬)の花 | トップページ | 本日・・・新商品アップ »

2012/06/23

Welcome my home

台風~猛暑~豪雨と変化の激しい6月の天候ですが・・・
今日は梅雨の晴れ間ものぞき、有効に使おうと思っています。

今週は、更新作業と平行して、荷物の開梱を1箱ずつしておりますが、なかなかはかどりません。昨日は小クラスの箱に、なんと30個以上のアイテムが入ってました。6本にまとめたスプーンなどを入れると60個はあります。
1個1個写真とインボイスをてらし合わせてチェックしながら膨大な梱包紙と戦っています。
可愛い天使の置物や犬やうさぎのフィギュアを床に並べ、「いやこんなの買ったっけ」と顔ははゆるみぱなし(o^-^o)

海外の買い付けも年々厳しくなっています。
希少価値があるものは減っていっていますし、10年前には考えられなかった中国、韓国を含むアジアのバイヤーも増えています。そんな競争の中で、いかにいいお品を先にゲットするかが勝負となることもあります。
どんな仕事でも楽な仕事はありませんが、はるばるイギリスから海を越え運ばれてきたものたちへ【Welcome My home】です。



1206new_items


華麗で重厚な装飾が特徴の19世紀後半のイギリスのヴィクトリア女王時代にみられる美術様式のテーブルフェアです。
ヴィクトリア朝の「おもてなし」とはどのようなものだったのでしょうか。
このような素敵なアイテムもご紹介します。



« ドクダミ(十薬)の花 | トップページ | 本日・・・新商品アップ »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ