« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012/08/30

キリストがサルのように!

今年の暑さは記録的な残暑になってきた。
ここ東京では昨年の降水量を100とすると15%しか雨がふっていないらしい。
そう言えば、借りている菜園も、あまりの干ばつに先日植えた白菜の種も、絶滅の恐れが出てきたので、
毎日交代で水やりをしています。

この暑さでは、今後の水不足や、野菜の高騰も心配です。
なんだかテレビを見ても、いいニュースはあまりなく、笑えない日が続く中、
昨日の新聞の【天声人語】→スペイン北東部の教会に描かれたキリストの絵。
地元の老婦人が修復に挑んだところ「毛だらけのサル」に化けた。

そんな記事が掲載されていたら、メルマガの配信元から「キリストがサルのように・・・」
このところ、この出来事が話題になっているみたい。




120830_2 

2010年にはもう少しましなキリストのフレスコ画がこの7月には左のように剥がされ、
修復された現在のキリスト画は猿のようになってしまいました。
「Mr ビーン」の仕業とジョークをとばす人もあり、賛否両論の声<<<

あまりの悪評に80歳の自称画家は、寝込むまでの落ち込みようだったが、
「ムンクを思わせる」といった声がわき、教会には見物の人波が絶えないようだ。

ユーロ危機で危ぶまれているにもかかわらず、気楽なお国柄とまた評判になるかも知れないけれど、
「取り返しのつかない話」にも、何とかなるものが結構あると論じていた。

「Mr ビーン」大好きな俳優さん
日本で放映していた時は、毎回みて笑い転げていた。
イギリスのホテルでも、これなら英語がわからなくても確かにわかる。
ロンドンオリンピックではゲストに招かれ、オープニングで爆笑した記憶も新しいね(´,_ゝ`)プッ プツ



2012/08/27

8月のおわり

残暑が厳しい8月もあと数日となりました。
今朝のメルマガでもお知らせしていますが、
8月の更新は今日を含め今週中にもう一回アップして終了します。

8月6日から不定期に更新して来ましたが、毎日たくさんの方にショップを
覗いていただいて、本当にありがとうございます。
心からお礼申し上げます。

9月からは従来通り、一斉受付とさせていただきます。
ただ9月下旬から3週間あまり買い付けを含め、お休みをいただく予定でおりますので、
日数的に、どれだけのお品をご紹介できるかわかりませんが、
よろしくお願いします。

先日、「国立天文台 野辺山」で撮影していただいた無料の記念のカレンダー
2012年、12ヶ月の3分の2が過ぎ、今年も9,10,11,12月の4ヶ月となってしまいました。
暑い暑いと言っていた夏も暦だけは進んで行き、楽しかった夏の思い出も、
季節と共にうすれていくのが、もの悲しいです。


Img_0429_2_2 

9月上旬も残暑が厳しいようです。

皆さんも夏の疲れが出ませんようにご自愛くださいませ。


2012/08/26

日帰り列車の旅

週末、ご近所の方10名と日帰り列車の旅「国立天文台野辺山特別公開と清里」に行ってきました。
青春18切符での旅、朝7時に出発、ゆっくりのんびりの旅です。
青春18切符は5名一組で11,500円、一日/1枚で全国のJR各駅停車乗り放題です。

一度はこんな旅をしたかった!
念願がかなって嬉しい初秋の高原列車にゆられて。。。。。。

P1050052



目的地は「国立天文台 野辺山」の特別公開
野辺山観測所では、
この宇宙のそして自然界の本当の姿を正しく理解して、それを多くの人に伝えるために
天文学者や技術者たちがそんな夢にむかって日々働いておられます。


野辺山で一番大きな45メートル望遠鏡

P1050040

電波望遠鏡の鏡面の凹凸は0.1mm パネルの上はすべり易く、
お掃除するのは大変な作業、ここで活躍する靴が「忍者靴」


P1050045


NMA(ミリ波干渉計)は6台あり、直径数百メートル級の望遠鏡と同じくらい細かいところも
見ることができます。

P1050038



野辺山高原は、標高1350mで、水蒸気量が少なく、まわりを山に囲まれた平坦な地形で、
また寒冷地でありながら雪が少ないことなどから、宇宙電波・太陽電波の観測に最適な場所として選ばれたのです。

ですから野辺山駅はJRの駅で一番標高が高い駅になります。
ここまで来ると、かなり涼しく、ススキの穂も風にゆれ秋の気配が感じられました。


P1050051


過ぎ行く夏の日を惜しみながら、
私達はホリデー快速やまなし号新宿行き>に乗り込み帰路に着く。


2012/08/22

夏野菜

残暑が厳しい8月の下旬です。

こう暑いと、毎日の献立が悩みの種で、朝食を済ませれば、もう夕食のことが頭をよぎります。
「さぁ 今日の夕飯は何にしましょう!、子供達は外食?夫は夕食はいらないと言っていたし・・」
皆さんのお宅はこんな様子では。。。?

二人暮らしの我が家は、殆ど夕食は一緒に食べます。
勿論毎日ビールから始まり、ご飯を食べて終わりです。


主人は数人の仲間と家庭菜園をしていて、
今年の夏は、夜に時々雨が降り、日中は日差しがカンカン照りの日が多いため、
野菜の実りもよく、ずいぶん夏野菜の収穫がありました。

ミニトマト、きゅうり、茄子、インゲン、人参、じゃがいも、
みずな、ほうれん草、小松菜、ゴーヤなど。まだまだたくさんあります。
変わったものではツルムラサキもありました。

ミニトマトやキュウリ、じゃがいもは本当に沢山とれました。

Img_9862

Img_9096

基本的に、収穫物は洗ったり、料理するのも夫の担当
ネットで調理法のレシピを検索して四苦八苦・・・時間をかけていますι(´Д`υ)アセアセ

夏野菜で作ったある日の夫の献立( ^ω^)おっおっおっ


120822_                ジャガイモと明太子の団子風・鯖の味噌煮・ゴーヤチャンプル・白茄子のソテー


* * *

家庭菜園の夏野菜は、形もふぞろいだけれど、やっぱり無農薬の採りたて野菜はおいしい。
おかげで、夏バテしないで、元気で過ごしています。  ありがとう!(*^_^*)




2012/08/19

きちんと感

残暑が厳しい日が続いています。
メリハリのある生活を・・と思うのですが、やはり思い通りにはいきません。

最近、新聞や本の1コマをできるだけ読むように心がけています。
知らなかった事、知って役立つこと、新聞や書物は知恵の輪

先日の某新聞に英国をよく知るスタイリストさんが英国人にみる「きちんと感」という題材で、こんなことを書いていました。
一部を抜粋いたしますと、

最近はまっているのが、イギリスのTVドラマ「バーナビー警部」
休日の朝、バーナビー警部の突然の訪問を受けたお宅では、
家人がツインニットにパールのアクセサリーをあしらうなど「きちんとした格好」をしています。
わが身を見れば、朝食の時には近くのコンビニに行くのが精一杯の部屋着あるいわパジャマ姿。
かっての日本では「着替えてからでないと朝食を食べさせない」というルールがあったように思います。
世の中がカジュアルになる中で、確かに「ラク」にはなったのですが「きちんと」が失われたのは残念なことかもしれません。・・・・

そんな記事を読みながら私はドキッとしました。
先日やって来た孫娘、、
起床後、顔も洗わず、パジャマ姿のままで、食卓に座り朝食を食べはじめたのです。

あなた達、顔を洗わないで朝食を食べるの?
孫たち:いつも朝ごはんを食べてから顔を洗っている。だって口も洋服も汚れるもの。


それは違うでしょう!
顔を洗う意味は、目覚めをよくして、すっきりさせるという意味が含まれているのです。

最近は小学校の父兄参観日でさえも、パジャマかジャジーかわからないような服装で来る親御さんも少なくないようです。
私の母は小学校の参観日には、スーツを着て教室の後に立っていました。
(たぶん母が持っている服の中では一番いい装いだったと思います)

英国王室のウィリアム王子と結婚したキャサリン妃が人気なのは、
そのファッションセンスが注目されているだけではありません。
生活から生まれた「控えめ」「上品」「清楚」という英国の本質があるからです。

日本は良くも悪くも簡素化傾向にありますが、いいルールは変わって欲しくはありません。
母から子へ、孫へと「きちんと感」を伝承していかなければと思います。


Pict0241
                            ロンドン郊外のグリニッジでの結婚式 
                                        2006年10月撮影

2012/08/17

夏のおもいで 2012

残暑お見舞い申し上げます

お盆も過ぎて、またいつもの通勤風景に戻ってきています。
それぞれのお盆休みを有意義に過ごされたかと思います。

我が家は広島から、仕事の息子を除き、お嫁さん、2人の孫娘が上京しました。
真っ黒に焼けた孫との春以来の再会です。

近くの市民プールで泳いだり、「サンリオピューロランド」に朝早くから行きました。
ハローキティでお馴染みのサンリオビューロランドまで、多摩モノレールで1本、30分ほどで到着します。
今回、孫娘もステージーのショーを楽しめる年齢になった事と、
私が60歳になりシニア割引の恩恵を受けることが出来るという利点からみんなでいそいそと出かけました。
ちなみに入場券の割引チケットの名前「じぃじとばぁばとピューロランド」 
安けれやガマン・ガマン

うわさ通り、ディズニーランドを小さくしたようなキティハウスって感じかなあ!
6つの劇場とショー。
前夜、息子の嫁さんと主人が上手にまわる作戦を立てていました(笑)

水上の「ボートランド」、メルヘンシアター「ハローキティとオズの魔法の国」
ピューロビレッジの中央にある知恵の木
その周りを一日2回、ロマンチックに輝く光のパレード、最大のイベントです。


120816sanrio_puroland_2_2

もちろんキティズハウスでは目をぱちり
最後にフェスティバルプラザのお土産コーナーでオリジナルグッズやお菓子
キョロキョロ(´д`)┌ヤレヤレ
一時間以上粘っていました。

ママには500円以上はダメよ!としかられて(´・ω・`)ショボーン

楽しい時間は短く過ぎ去り、孫娘たちは帰っていった。

2012/08/14

お盆のころ

お盆
田舎に帰省すれば、お盆らしい風景に出会うこともできるが、
東京はお盆は7月ということもあり、オフイス街が閑散としているだけです。

四国の四万十川の近くにお住まいのお客様からお盆の写真が送られてきました。

13日はお盆前という事で、実家の地区ではたいまつをつけご先祖様をお迎えしました。
少し暗くなりはじめた頃がとてもきれいでしたよ(*^^*)


120814_obon_2_4

ところ変われば、ご先祖さまをお迎えする行事もさまざまでしょうが、
私の田舎では、お盆はご先祖の魂が家に帰って来ると言われています。

8月3日~5日の3日間は、近くの多賀大社で万灯祭があります。
祖先の霊をお守りくださる女神さま(伊邪那美命)に感謝を捧げるお祭です

子供のころは、露店に並ぶ綿菓子や、金魚すくい、ラムネ・・・
10円玉を握りしめて買うのが楽しみだった。


120814_3



毎年祭りの前に献灯のちょうちんが氏子(うじこ)に配られ、
そのちょうちんに願い事を書くのです。

湖国の夏の風物詩で、私の生まれたずっとずっと前から続いています。
この祭りが終わるころから、少しずつ湖東の夏は涼しくなって行きお盆を迎えます。


2012/08/13

finger plate

17日間の競技はおわり、オリンピックは閉幕しました。
世界が1つになる大きなイベント、たくさんの感動をありがとう!
明日からはまた静かなロンドンに戻ることでしょう。
そして、4年後に新たな夢を託しながら・・・

日本はお盆休みで、帰省ラッシューが続いています。
お盆期間中、15、16日とお休みはいただきますが、遠出はしませんので、オーダーの受付は通常通りいたします。

本日、更新アイテムの中に、珍しい物があります。

【finger plate】ドアの指板のことで、ドアの指跡や汚れがつかないように取っ手やかぎ穴の上下に張った板のことです。


Finger_plate

 

メタルの指板はアンティークでも時々見かけますが、
アール・ヌーボーの柄とガラスの指板はかなり珍しいものとなります。

在庫は9枚あります。
お盆中のオススメ商品です。


2012/08/10

五輪が六輪ピックに

ロンドンオリンピックも後3日で閉会式を迎えます。
レスリング女子、金メダル3個、すごいの一言!

うちの孫娘が生まれた時、将来はレスリングの選手に・・・と言っていた息子
ヤレヤレ 早くもアキラメたか?)
その娘も「やまとなでしこ」のように、伸び伸びと成長しています。

なでしこジャパン、惜しくも「銀」だったけれど、この「銀」は「金」と同じ重みがあると思った。
だって、小さい体で、アメリカ選手と同等に戦ったのですもの。

なでしこジャパン、銀メダルおめでとう
そして感動をありがとう!

日本選手の頑張りに、何事も、努力と、諦めないことを学んだ。
以前、ある番組でレスリングの吉田選手の日々の体力つくりを見たことがある。
高い非常階段を下から上に、うさぎ跳びで駆け上がる練習をしていた。
あんなきつい訓練を毎日しているからこそ、3冠に輝いたのですね。

この栄冠は【ローマは一日して成らず】 諺のとおりです。


967ffeec_0810_2 

ネットで流れた奇跡的な瞬間。
イギリスのロンドン市内を流れるテムズ川に架かる跳開橋「タワーブリッジ」に掲げられたオリンピックロゴ。
普段であれば5つの輪で構成されているロゴも今回ばかりは違った。
満月の夜、オリンピックロゴに徐々に近寄る丸い輪、そう月だ。
五輪ならぬ六輪が出現したのだ。
このタワーブリッジの下を歩いたこともある私ですが、この五輪ロゴも月も、想定外の出来事。
でも、やっぱり五輪は五輪のままでいいです。

2012/08/08

ロンドン裏話

立秋をすぎて、いく分涼しくなったような気がします。
昨夜は窓から入る風がひんやりと、気持ちの上では秋を感じていますが、
日中、うるさく鳴くセミの声を聞くと、まだまだ夏のさかりです。

気が付けば毎日更新していますが、いつ途切れるかもしれません。
気まぐれ店主ですが、最後までお付き合い願います。

随時受付にもかかわらず昨夜は南仏のドットジャグにオーダーが重なり、悩んでしまいました。
そしたら、古くからのお客様から、

八木様も毎回悩まれていらっしゃるのですね。
いつかブログに同じ方に2度続けてお断りのメールをして、もうご注文いただけない
「やぎはメイメイ泣いています」という件があり、思わず笑ってしまったことがありました

本人はすっかり忘れていて、そんなことも書いたっけ・・・と苦笑しています(^^ゞ

さて、連日ロンドンオリンピックで盛り上がっている日本ですが、
ロンドンでは「ああ ロンドン閑古鳥」って新聞に掲載していました。
五輪でにぎあうロンドンですが、都心の繁華街は人影がまばら、
開幕前に、地下鉄や車が大混雑すると、さんざん報じられたせいか「五輪特需」をあてこんだ商店主らは悲鳴をあげている。


P1020426_2                                      ロンドンでは地下鉄の閉鎖は日常茶飯事



私も時々、ネットでロンドンのホテル代を検索しているのですが、開幕前はホテル代が数倍に高騰していました。
この暴騰が響いたのか、ロンドンを訪れる外国人観光客も例年の半分に激減しているとか。
ホテルの空き室を抱え、値下げに踏み切るホテルが続出。

経済効果を見込んだ英国紳士ジェントルマン【gentlman】も銭取るマンになれなかったようです。(苦しいジョーク) 


2012/08/06

骨董フェアで学ぶ

久しぶりに、まとまった雨が降り、いくぶんしのぎやすいです。

連日のオリンピックの観戦とこの暑さで、早くもダウンぎみですが、
それでもアンティークフェアがあれば、めげず出かけています。
週末も骨董ジャンボリーのアーリーバイヤーズデーに、猛暑の中行って来ました。
そんな時は、早起きも苦にならないのが不思議ですね(`0´*)
しかし、午後3時頃になれば頭がクラクラ
骨董フェアで倒れては・・・と思い即々会場をあとにしました。

オーナーさんとの会話も、とても勉強になりますし、知らないこともたくさん学べます。
勿論、投資も惜しみません。
出店者の方もそれぞれ苦労もありますが、好きだからできるのでしょうね!


さて、TOPページでもお知らせしておりますように、本日より8月末まで、
不定期ですが、新商品アップして行きます。

この暑い時期にと思われますが、ここ数年8月はこのような形で更新しています。
アンティークショップが近くにない方、小さなお子さまがいる方など・・・
喜んでいただいていますので、楽しんでお買い物をしていただければ嬉しいです。

Augaust_antique_2 


9月は、私用スケジュールが詰まっていまして、また下旬からは渡英する予定でいますので、殆ど更新ができないと思われます。
だから、少しでも多く、8月中にと思っています。

まだまだ続く、熱帯夜。。。

花火も余興もありませんが、よろしくお願いしますm(_ _)m



2012/08/04

8月の更新

ロンドンオリンピック、日本勢の連日の快挙に、力がはいります。
時差の関係で、競技は深夜になることが多いのですが、つい午前さまになってしまいます。
昨夜のアーチェリー男子個人戦の古川選手の試合、70メートルの先の的に、思わず手を合わせ、とても見られなかった。
過去2回のオリンピックでは初戦で敗退して、隠れて、帰国したとか・・・はじめて知ったエピソード
3回目の栄冠、「銀」 堂々と帰国してください。

メダルに手が届かなかった選手たちにも、大きな拍手とエールを送りたい

さて、8月の更新ですが、ここ数年不定期で、新商品をご紹介しています。
夏休みはお出かけの方もおられますし、お盆を控え、来客もあり、何かとお忙しいと思います。

来週からは撮影を終えた商品からご紹介していきます。
詳細は後日お知らせしますので、よろしくお願いします。

5月にテレビで放映され再過熱のカフェ・オレ・ボウル、人気のバスケットなど、
続々と気になるお品をご紹介します。

Img_9750_2_2   

暑い8月の日々、オリンピック観戦の間に、サイトを覗いてみてくだされば嬉しいです。


2012/08/02

メダルの重み

厳しい暑さの中、たくさんのご来店ご注文ありがとうございます。

心よりお礼申します。

さて、ロンドンオリンピックの体操、内村航平選手が金を獲得してくれました。
ここまで来るには、色々なアクシデントもあり、気持ちも落ち込む中、本当に彼の気力に勇気が湧いてきます。
さすが日本のエースです。

どんなことも、最後まで諦めてはいけないのですね!

Photo_5

中国メディアが内村航平を絶賛「文句なしの優勝」と評価

ある視聴者から「銅」という字は金と同じと書く。
だから金と同じ重みがあると、コメントが寄せられていた。
なるほど、そうなんだと。。。
銅よりも銀、銀よりも金がいいのに決まっていると思っていた自分が恥ずかしくなった。
確かに成績も、1番より、2番、3番・・・の方が、上をめだして頑張れる。

それにしても、やはり、日本の二つ目の金は嬉しい!
28年ぶりの快挙ですし、日本の誇りです。

都心では「号外」が配られ、通勤中の人たちも「これで今日は仕事がんばれる!」と、

・・・・私も同じ気持ちです(v^ー゜)ヤッタネ!!日本



« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ