« ロンドン裏話 | トップページ | finger plate »

2012/08/10

五輪が六輪ピックに

ロンドンオリンピックも後3日で閉会式を迎えます。
レスリング女子、金メダル3個、すごいの一言!

うちの孫娘が生まれた時、将来はレスリングの選手に・・・と言っていた息子
ヤレヤレ 早くもアキラメたか?)
その娘も「やまとなでしこ」のように、伸び伸びと成長しています。

なでしこジャパン、惜しくも「銀」だったけれど、この「銀」は「金」と同じ重みがあると思った。
だって、小さい体で、アメリカ選手と同等に戦ったのですもの。

なでしこジャパン、銀メダルおめでとう
そして感動をありがとう!

日本選手の頑張りに、何事も、努力と、諦めないことを学んだ。
以前、ある番組でレスリングの吉田選手の日々の体力つくりを見たことがある。
高い非常階段を下から上に、うさぎ跳びで駆け上がる練習をしていた。
あんなきつい訓練を毎日しているからこそ、3冠に輝いたのですね。

この栄冠は【ローマは一日して成らず】 諺のとおりです。


967ffeec_0810_2 

ネットで流れた奇跡的な瞬間。
イギリスのロンドン市内を流れるテムズ川に架かる跳開橋「タワーブリッジ」に掲げられたオリンピックロゴ。
普段であれば5つの輪で構成されているロゴも今回ばかりは違った。
満月の夜、オリンピックロゴに徐々に近寄る丸い輪、そう月だ。
五輪ならぬ六輪が出現したのだ。
このタワーブリッジの下を歩いたこともある私ですが、この五輪ロゴも月も、想定外の出来事。
でも、やっぱり五輪は五輪のままでいいです。

« ロンドン裏話 | トップページ | finger plate »

my life」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ