« 8月のおわり | トップページ | 9月になれば »

2012/08/30

キリストがサルのように!

今年の暑さは記録的な残暑になってきた。
ここ東京では昨年の降水量を100とすると15%しか雨がふっていないらしい。
そう言えば、借りている菜園も、あまりの干ばつに先日植えた白菜の種も、絶滅の恐れが出てきたので、
毎日交代で水やりをしています。

この暑さでは、今後の水不足や、野菜の高騰も心配です。
なんだかテレビを見ても、いいニュースはあまりなく、笑えない日が続く中、
昨日の新聞の【天声人語】→スペイン北東部の教会に描かれたキリストの絵。
地元の老婦人が修復に挑んだところ「毛だらけのサル」に化けた。

そんな記事が掲載されていたら、メルマガの配信元から「キリストがサルのように・・・」
このところ、この出来事が話題になっているみたい。




120830_2 

2010年にはもう少しましなキリストのフレスコ画がこの7月には左のように剥がされ、
修復された現在のキリスト画は猿のようになってしまいました。
「Mr ビーン」の仕業とジョークをとばす人もあり、賛否両論の声<<<

あまりの悪評に80歳の自称画家は、寝込むまでの落ち込みようだったが、
「ムンクを思わせる」といった声がわき、教会には見物の人波が絶えないようだ。

ユーロ危機で危ぶまれているにもかかわらず、気楽なお国柄とまた評判になるかも知れないけれど、
「取り返しのつかない話」にも、何とかなるものが結構あると論じていた。

「Mr ビーン」大好きな俳優さん
日本で放映していた時は、毎回みて笑い転げていた。
イギリスのホテルでも、これなら英語がわからなくても確かにわかる。
ロンドンオリンピックではゲストに招かれ、オープニングで爆笑した記憶も新しいね(´,_ゝ`)プッ プツ



« 8月のおわり | トップページ | 9月になれば »

my life」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ