« cake stand | トップページ | 9月の最終更新 »

2012/09/17

bridal flower

昨日甥の結婚式、無事おわりました。
前日には美容院で髪のセット、予約していたネールサロンでは、爪のお手入れ、
花嫁ではなくても、華やかなおめでたい席には身だしなみも大切なことです。

そこで、ハプニングが少々!
ベージュ色のワンピースに黒い七分丈のボレロを羽織る装いを予定していたので、
ネールアーチストさんにお願いして、ラメ入りのベージュ色のマニキュアを塗ってもらった。
10本の指を塗り終え、両手を広げたら、まるで黄金バットみたい。(ノ∀`) アチャー
二十歳のアーチストさんは気持ちよくやり直して薄いピンク色のマニキュアを塗ってくれた。

塗り終えたのが午後5時をまわっていて、彼女曰く。

“二時間ほど、そのままでいてくださいね。”
お料理をしたり、物に触れると、乾ききっていないマニキュアが取れると言うのです。
エッ....?
即乾性のあるマニキュアではなかったの!
それはお値段がもっとお高いのです。こんなはずじゃなかった(´Д⊂グスン
その日の夕飯は想像におまかせします(^^ゞ

披露宴のテーブルに置かれたブライダル・フラワー


0916bridalflower_2 

  NAME IN POEM

    健やかな心で
     互いに
    助け支え合い
     幸せの
    華が咲き誇る
     未来へと
    二人で歩んでいこう
    奈何(いかなる)時も
     永遠の愛を
    胸に抱きしめながら・・・。   新郎(健)新婦(華奈さん) お幸せに!!  

  

« cake stand | トップページ | 9月の最終更新 »

my life」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ