« 読書の時間 | トップページ | 再会 »

2012/09/07

女神像

TOPページでもお知らせしていますように、9月下旬より、10月11日まで買付けのため、
暫くショップはお休みさせていただきますが、それまで2回、新商品アップの予定です。

10月のイギリスは日本とは違い、かなり寒くなっていますが、過ごしやすい季節で、
あちこちで、大きなアンティークフェアが開催されます。
私も、いつものフェアの他に、新たに3箇所足を運びます。
フェアの会場近くにホテルを予約したりと、情報収集に忙しい日々です。

さて、タイトルの女神像、ヨーロッパに旅すると、駅舎や、ホテル、宮殿などの外壁に
みられる装飾像、よくあるのは魔よけの空想上の獣やライオン、神話上の人物や聖書の中の聖人であったり、いろいろ。



Pict0030_3

どのような場所のものかわかりませんが、アンティークフェアで女神像見つけました。
私がはじめてイギリスに行った時、100年以上前に建築された老舗のホテルの外観も
よく似た女性のフェイスがありました。



120906_2

こちらは頭に花飾りを付けた女神
色具合や状態は多少違いますが、2個買付けてきました。
ハング(吊るす)できるようになっています。
次回ご紹介しますので、こんなアイテムにも注目してくださいね!


« 読書の時間 | トップページ | 再会 »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ