« アンティークの醍醐味 | トップページ | 女神像 »

2012/09/05

読書の時間

まだまだ残暑が厳しいですが、読書の秋も、もうすぐです。
先日、市の中央図書館で、いらなくなった本を無料で提供していた。

二階のロビーや部屋の中は本の山、
子供の絵本や、旅行書、小説、エッセイにいたるまで、いろんなジャンクの本がずらり並べてある。

私が行った日は、初日から、日数が過ぎていたので、もっと早く行けば、好みの本がタダで手に入れられたかも知れません。
目に付いた本はどれもイギリス関係の本

今月末には買い付けで渡英するわたしですが、すでに私の部屋には英国関連の書物が山積しているのに、
見出しの「イギリス」「英国」を見ると、両手に抱え込んでいました。


Img_0735




その中に、堺屋太一さんの「どうして売れるルイ・ヴィトン」というタイトル本があり、
こちらも、ちょっと興味深々です。

最近は「捨てる」ことを美徳と考えている人も多いなか、まだ必要とされるものもあります。
もらわれない本はこれからシュレッダーに。(つд⊂)エーン ホント
なんだか、悲しくなってきます。

イギリスではセカンドショップが点在していて、1ポンドや2ポンドで未使用の不用品が販売されています。
ドレスから食器まで、中にはアンティークがビックリするほど安価で売られていることも、まれにあります。

読書の秋、あなたの町でもこんな企画やっているかも。


« アンティークの醍醐味 | トップページ | 女神像 »

my life」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ