« 再会 | トップページ | cake stand »

2012/09/12

夏の果て

今回もたくさんのご来店ご注文ありがとうございました。
心よりお礼申します。

3・11の震災より、はや1年半が経ちました。
被災地の皆さまは、毎日不安な気持ちの中で生活しておられます。
特に原発の影響が強い浪江町の状況は深刻で、町長からこの先5年間は町に帰れないと告げられ、
お年寄りはがっかりしています。
「待ち続ける間に死んじゃいますよ!」と涙ぐむ人もいます。
子供のいる若い世代の人は、もう故郷には帰らず、他の土地で暮らすことを決意した人も大勢いるようです。

先日の午後、電車に乗ったら、隣の席に、太った小学生が座った。
目が合い「どこへ行くの?」と尋ねたら、

おばちゃん 関西のひと?

どうしてわかるの?

ぼくも、大阪でうまれたさかい・・・
お父さんの転勤で、この町に来たんや”

そんな会話を交わし、この男の子は塾にいくため、途中の駅で降りた。

親の転勤で、あちこち住まいを変わる子は、いっぱいいるでしょうが・・・
住みなれた故郷に帰りたくても帰れない子供たちとは、また状況が違う。

福島から若い人の流出が増えているとのこと。
若い世代が留まれるような政策をしなくては、福島の復興は先延ばしになるばかりです。

我が家の寄せ植えの鉢には、この暑さでもムスカリの球根から、青い芽がニョキニョキと出て来た。
自然は偉大だけれど、人の人生さえ変えてしまう。


Img_0796


夏の果て(おわり)、静かに目を閉じ合掌。



« 再会 | トップページ | cake stand »

antique」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ