« アンティークも芸術 | トップページ | エンジェル »

2012/10/30

冬支度

沢山のご来店ご注文ありがとうございます。
久々に数点のお品にオーダーが集中しまして、ご希望に添えなかったお客様に申し訳なく思っています。
古いお品は一点ものが多く、皆さまに行き渡らないのが心苦しいです。
しかし、私とて、また出会いがあると思っていますので、今後とも宜しくお願いします。

さて、木枯らし1号のたよりも聞かれるようになり、急に北風が強くなりました。
私は遅い衣替えをしましたが、
この際、数年ぶりにシーツ類やタオル、戴き物の整理をしょうということになり、
主人と「捨てる」「捨てない」の応酬をくりかえし、結局使えるものは長男一家に送ることにしました。

片付けをしながら、ふと思いだしました・・・!!

ダイアナ妃の住まいでもあったケンジントン宮殿の宮廷衣装
1760年から現在までの宮廷衣装が展示されています。

宮殿の入り口を入るとすぐのところに飾ってあった衣装

意外とヴィクトリア女王は質素で小さかったのだ。。。と勘違い(^^ゞ┌ヤレヤレ


P1050307


こちらがヴィクトリア女王とアルバート公との結婚式のウェディングドレス
金糸や銀糸の豪華な衣装を選ばず、淡いクリーム色のシルクサテンドレス。
ドレスの襟や袖口、ベールはデヴォン州のホニトンレースが使われていました。

P1050309_2


宮廷の人たちも衣替えしたのでしょうか?
季節が4つあるようでないようなイギリスの気候、
ちょっと予測がつかないですね!


« アンティークも芸術 | トップページ | エンジェル »

information」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ