« 水玉のアーティスト | トップページ | 旅のダイアリー »

2012/10/23

チェコガラスと私

たくさんのご来店ご注文ありがとうございます。
この場をかりてお礼申します。

さて、10月もあと一週間になり、クリスマスに近づくにつれ、チェコガラスX'masツリーの
オーダーも多くなり、今回も重複したツリーがあり、ご希望に添えなかった次第です。
チェコガラスツリーの在庫分のご紹介は10月中には、すべてアップする予定でいますので、
ご希望にお応えできなかったお客様は、次の機会にまたご注文くださるようにお願いします。

在庫分のチェコガラスは素晴らしいものばかりです。
その中に1個のみ大きなカメオ風チェコガラスブローチがあります。
中央の女性の顔もチェコガラスを彫ったものです。
周りはホワイトオパールで装飾が施され、清楚ですい込まれそうな魅了があります。

黒いコートの襟元やセーターにもよく合います。
他にチェコガラスのブローチもありましたが、
おばさんがハンドバックから出して、「これは どう?」と勧めてくれたので、ブローチはこれ1つだけにしました。
おばさんにとってもこのブローチは特別なものだったのでしょう!


Img_1529_2_1


チェコガラスを買付けた4日後、別のフェアで歩いていたら、おばさんのご主人が、
私の姿を見て、あわてて走り寄ってきました。何事かと ハッ!
紙袋の表には「YAYOI」と書かれていて、おばさんがプレゼントにくれたチェコグラスの品物が入っていました。
おじさんは「これを渡すのを忘れていた?」と言う意味らしきことを話していましたが、本当に正直な人たちです。

まともな英会話ができない私ですが、
人と人の接点は、相手に近づこうと思う気持ちと心です。
そうしないと、そこからの新たな展開はありえないと思っています。

« 水玉のアーティスト | トップページ | 旅のダイアリー »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ