« 帰国 | トップページ | チェコガラス »

2012/10/13

The Orangery

今回の買付けはロンドン滞在が5日間ほどありましたので、ロンドンのリポートもしてきました。

皆さんにも是非行っていただきたいのは、ケンジントンにある
ダイアナ元妃も愛した美しい庭園ティーサロン ジ・オランジェリー(The Orangery)

P1050280   

1704年に、アン王妃のために建てられた温室、オランジェリー。
夏には王族や貴族がガーデンパーティを楽しんだこの場所が、現在は美しいティールームになって開放されています。
大きな格子窓からふんだんに差し込む光、温室の名残が愛らしい明るい空間です。

P1050289

ここのお勧めは、イングリッシュ・オランジェリーティーオレンジ・ピピン・アフターヌーンティー
一人分が三段のケーキスタンドに載せられて運ばれてきます。
焼きたてのスコーンは爽やかなオレンジの香りがします。
アフターヌーンティーは午後2時半からで、午後1時頃になると行列ができますから、早めに並ばれた方が賢明です。

Afternoontea_2

P1050296

晴れた日にはテラスでケンジントンガーデンの薔薇を眺めながら食事とお茶を楽しむ。
私はここで、遅めの昼食をとりました。
食事も上品な味でしたよ(o^-^o)
そんな時は、旅の疲れも癒され、幸せいっぱいの気分になります。

Theorangery

低い雲海が、秋空に浮かぶ、ケンジントンの昼下がり
この青い空も、やがて早い日没を迎えるロンドンです。

P1050287

ここまで来たら、お隣のケンジントン宮殿を見学して、プリンセスな気分をたっぷりと味わってくださいね。!!!

* * * * *

« 帰国 | トップページ | チェコガラス »

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ