« 暖炉の季節 | トップページ | 黄葉と赤葉の二重奏 »

2012/11/08

旅のダイアリー food

日本の秋の味覚、何も食べても美味しくてハッピーな気分です。
寒い夜はお鍋に海の幸や山の幸、そして野菜をいっぱい入れて、ご飯でご馳走さま。

イギリスの食べ物にもだんだんと慣れて来て、、
10月の買い付けでは、お菓子以外は日本食は持っていきませんでした。


地方で泊まったホテルには隣接するレストランがあり、安くてとてもおいしかった。
平日の夜でも、このにぎあいよう!
町はずれなのに、【2つで5£】デザートの大きな看板が目につく。

121107fooduk_4  

イギリス料理の定番、フィッシュ&チィプスも特製ソースをつけて食べれば、
ビールが飲みたくなる。
デザート付きのこのメニュー最後に大きなパフェ、どちらかを選ぶのですが、
すごいボリュームでした。
でも甘いデザートは別腹とはホント  食べた。。食べた。。たいらげた! アチャー


滞在中は、けっこう脂のたっぷりのった魚やお肉を食べていたのに、
帰国して体重を計ったら2キロ減っていた。シメシメ(*^_^*)
そう言えば連日、買い付けで奔走したものね!

それも束の間のぬか喜び、ただいまリバウンド中 ⌒☆キニシナイ!!




« 暖炉の季節 | トップページ | 黄葉と赤葉の二重奏 »

trip」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ