« 著書によせて | トップページ | 天使ものがたり »

2012/11/25

輸入品がナウ~い

最近円高の恩恵を受けて、輸入品のお店によく行くようになった。
先日もカルディに行ったらラ・メール プラールのガレットを2箱買うとビニール製のバッグがもらえると言うので買ってみた。


Img_2115

数年前の円安の時は、輸入品も割高で、
「やっぱり輸入食品は高い」というイメージがあったが、お値段的にも現地で買うのと変わらなくなり、
お味の方もおいしいです!

フランスの通貨がまだユーロではなく、フランの時、
パリのオペラ通りにあるモノプリの地下にあるスーパーで、お土産の食品を捜していたら、(フランス語チンプンカンプン(。>0<。)
ベビーカーを押した日本人の駐在員の奥さんらしき人が通ったので、
「お土産にどんな物がおすすめ?」と聞くと
「マロンクリーム」がお薦めと言われた。少々重いけれども安いし、缶詰めを3個買った。(当時のレートで1個120円でした)
帰国後、広尾のインターナショナルスーパーで、同じものが600円していた。

ラ・メール プラールのガレットはバッグに誘われて、買ったのですが、
私のお勧めはパディスリー・デ・フランドルのクリスピーワッフル。
ベルギー製ではなくフランス製のもの。
薄くてパリパリして、洋風煎餅みたいでおいしいです。

Img_2117

やみつきになりそうですが・・・
パディスリー・デ・フランドルの「ユニオンジャック」のマークが少し気になっています。
なぜ、UKのユニコーンがフランスに。

« 著書によせて | トップページ | 天使ものがたり »

my life」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ