« 同梱プレゼント | トップページ | 暖炉の季節 »

2012/11/04

ある日ある時

新商品ご紹介しました。
チェコガラスツリーも最後のアップとなりました。
素敵なアンティークと共に、ご覧になってくださいませ。

文化の日、文化祭や学園祭、収穫祭、わが町では、毎年この時期、開催されています。
我が家からすぐ傍の国立音大、
あのテノール歌手、“千の風になって”を歌っている秋川雅史さんの出身校です。
彼も立ったであろう構堂のステージで音大生によるコンサートが公開された。
毎年、地元の人は楽しみにしている。


私は、これとは別に、嬉しいお皿を手に入れた!
先週フランスの田舎から帰国した知人の女性から、リクエストしていたフランスのパン皿を見つけたと連絡を受け、
都心まで取りに行きました。
そのパン皿と言うのは菱形をしていて、1900年のはじめ頃の古いお皿。
フレンチブロカントにふさわしい古ければ古いほど価値があるイメージよりも、大切に使われていたのか、とても状態がよく、
よくぞ探して来てくれた彼女に感謝です。



Img_1892_2 



彼女の話によると、フランスの田舎に嫁いだ友人が、
小遣い稼ぎにフランスの田舎を廻り、かき集めたアンティークの中にあったらしいのです。

一枚は随分前にフランスのブロカントショップで見つけたもの
ロザリオをさらっと置いても、絵になる。
「素敵!」と思う風景には・・・こんなお皿がやっぱり似合う!

ある日ある時出合ったアンティーク

幸せな瞬間です。

« 同梱プレゼント | トップページ | 暖炉の季節 »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ