« ベアの鼻のように! | トップページ | サフィレットグラスの魅力 »

2012/12/17

お奨めの絵

総選挙も終わり、久しぶりの雨となり、乾燥気味の空気も、少し潤ったようです。
政党も変わり、政局も【雨降って地固まる】ってなってくれればいいのですが・・・

術後、口の方も少しずつ良くなっています。
食べることは不自由はありませんが、笑うと少し痛いのが玉に瑕=傷です。

明日、新商品アップします。
その中の1点のみピックアップしてご紹介します。

お奨めの一枚の絵画【THE VILLAGE SHOP】
画家の名前は“Robert Hutchison 1855ー1936”
画商のショップの壁にかかっていた一枚の絵、その画風に魅せられて買付けて来ました。
村のお店のショーウィンドーを覗き込む三人の幼子
たぶん村には子どもが欲しがるものが売っているお店が1軒しかなかったのでしょう!
姉妹でしょうか。それとも仲の良い友達でしょうか。
肩に手をかけながら眺めています。
そのお店が駄菓子屋さんなのか、雑貨屋さんなのか、よくわからないのも、
またロマンを感じ、当時のこども服にも興味がそそがれます。



Img_3031_2
Img_3037_2


絵はキャンバス地にオイルペイント(油絵)で描かれています。
画家Hutchisonのサインも入っていて、額にはネームプレートも付いています。

クリスマス前のベストプライスでご紹介しますので、お楽しみに!

« ベアの鼻のように! | トップページ | サフィレットグラスの魅力 »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ